FC2ブログ
女 神

ファッション界に全く疎い私でも、この方の名は知っていました。

今日は、日本を代表するトップ・モデルだった


 山口 小夜子 さん


の命日・没後10周年にあたります。


       


山口(本名同じ)さんは、1949(昭和24)年生まれ。

京浜女子大学横浜高等学校から杉野学園ドレスメーカー女学院に進み、卒業後の1971年にモデル・デビュー。

高田賢三さんや山本寛斎さんのショーで注目を集めると、1972年にアジア系モドルとして初めてパリコレに出演。

続いてニューヨークコレンションにも出演し、おかっぱ頭に切れ長の目で日本人ブームを起こします。

ヨーロッパでは人気が急騰し、〝SAYOKOマネキン〟が販売されたとか。


そして1973年に資生堂の専属モデルとなってCMに出演。


フランス人の世界的クリエイター、セルジュ・ルタンスが手掛けた作品はとくに有名になり、資生堂の名を広めました。


  




また身長170cmとモデルとしては小柄ながら、ゆったりとした日本舞踊の如き独特のウォーキングは独特な雰囲気を醸し出し、日本女性の美しさを世界に知らしめた功績は計り知れません。

1977年には東洋人として初めて 『Newsweek 』 誌で世界のトップモデル6人に選ばれた彼女は、モデル業だけでなくダンスとファッションを融合させたパフォーマーとしても活躍しました。

しかしそんな彼女が急性肺炎で突如この世を去ったのは、2007年8月14日。

仕事が多忙だったからか、独身だった彼女は孤独死という寂しい最期を迎えてしまいました。

生前、彼女は講演でこんなことを仰ったそうな。


 

「心や思いを大切に日々歩めば、自然に背筋も伸びるかもしれない。
相手に対する優しい笑顔も生まれるかもしれない。
挨拶する時のお辞儀が丁寧になるかもしれない。
自然に体から有難うという気持ちが生まれるかもしれない。

・・・それが、本当の美しさだと思う。」


老若男女問わず、この言葉は日本人の心に染み入りますょネ。

世界に日本人女性の美を知らしめたミューズ(女神)の冥福を、あらためてお祈り致します。


              人気ブログランキング


 

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック