FC2ブログ
ボ ス

・・・と言っても、缶コーヒーじゃありません。

今日は、映画・TVドラマで一世を風靡し、また歌手としてもヒットを連発した昭和を代表する大スター、


 石原 裕次郎 さん


の命日・没後30周年にあたります。


       

石原(本名同じ)さんは、1934(昭和9)年に山下汽船に勤務する会社員の父の次男として神戸市に生まれました。

その後小樽や逗子で育った彼は、慶應義塾農学校から慶應義塾高校に編入し、慶應義塾大学法学部政治学科に進学。

在学中から俳優を目指し、東映・大映・日活のオーディションを受けるも、全て不合格。

更に父親が他界したことにショックを受けた彼は、家から金目の物を持ち出しては換金して銀座で遊ぶという放蕩生活の毎日。

その自暴自棄ぶりを心配した兄・慎太郎氏が、(裕次郎さんから聞いた友人のエピソードを元に書き上げた小説)『太陽の季節』の映画化の話が持ち上がった際、弟を出演させることを条件に承諾。(1956年公開)

裕次郎さんは脇役での出演となりましたが、大柄な身体(身長178cm)とダイナミックな演技で注目を集め、更に同じく兄の原作を映画化した『狂った果実』(1956年公開)では主役を演じ、後に妻となる北原三枝さんと共演、一躍スターダムにのし上がりました。

私自身が生まれる前の作品なので、その時代の裕次郎さんは殆ど知りませんが、個人的に彼の出演作品として強烈な印象があるのは、1968年に公開された 『黒部の太陽』

       


1963(昭和38)年に石原プロモーションを設立した彼が、三船敏郎さん率いる三船プロと共同企画し、当時〝世紀の難工事〟と言われた黒部第四ダムの建設におけるトンネル工事の苦闘を描いたこの映画も、その工事に負けず劣らずの難産でした。

しかし石原・三船両スターのこの映画製作にかける執念は見事に作品に生かされており、まさに昭和の日本映画を代表する大作。

以前は石原さんの「大画面で観てほしい」という意向のためビデオ化できませんでしたが、現在はDVDを入手できますので、是非皆さんにも観ていただきたい秀作です。


そして1970年以降は、TVドラマに活躍の場をシフト。

『太陽にほえろ!』(1972~81年)の藤堂係長、『西部警察シリーズ』(1979~84年)の木暮課長は、まさに頼れる上司・ボスという貫禄・存在感を見せてくれました。

         


また歌手としても、未だにデュエット曲として根強い人気がある『銀座の恋の物語』(1961年)や『夜霧よ今夜もありがとう』(1967年)などのヒットを飛ばしています・・・が、意外にも紅白歌合戦には(応援参加はあるものの)歌手としては1度も出場していないんです。

その理由は、「歌手は素人だから」だったとか。
なんと謙虚なお言葉・・・。

しかし、タフガイともいわれ頑強な体で幾多のケガを乗り越えてきた石原さんも、病には勝てませんでした。

1984年、ロケ中に背中と胸に激痛が走り、慶応病院に緊急入院。

解離性大動脈瘤と診断され、手術。 

生存率3%という難病でしたが、持ち前の体力のおかげで無事退院にこぎつけました。

一時は裸になってその手術跡を見せる余裕も・・・。

       

                 ※ 『FOCUS』 より


ところが同年、肝臓癌であることが判明。

本人には最後まで癌であることは知らされなかったそうですが、1986年から翌年4月までハワイで静養し帰国後に再び慶応病院に入院。

しかし容体は好転せず・・・7月17日に52歳の若さでこの世を去りました。

1960年に芸能人としては初めて記者会見を開き、また毎年彼が正月をハワイで過ごしたことが、後に〝正月ハワイ=芸能人のステータス〟になったという、まさに昭和の芸能界を代表する大スターのご冥福を、あらためてお祈りしたいと存じます。笑3

あなたにとって、裕次郎さんはどんな存在でしたか?


              人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック