FC2ブログ
内 臓

女性は苦手な方が多いようですが、私を含めコレが好きな男性は多いはず。 今日はその

 モツ焼の日


なのだそうです。

〝モツ〟とはご存じの通り内臓のこと・・・すなわち7・1・3だから。
あせあせ


(※ちなみに 『モツ鍋の日』 はイイ鍋で11月7日なんですって。)


日本では7世紀くらいからモツ料理を食べた記録があるそうですが、元々内臓肉は常温では腐敗速度が速いため、一般的には廃棄されていました。

(※肉食動物はそれを知っていて獲物の内臓から食べ始めますし、我々葬儀社がご遺体保存のために腹部を中心にドライアイスをあてます。)


しかし食用にできるモツは全体重の内、牛8.5%・豚8.8%・トリ7%もあるそうですしビタミンA・B、鉄分が多く含まれているので、冷蔵・冷凍技術の進歩した現代では食べるに越したことはありません。

しかもセリを通さないため安価とくれば、尚更。


       

サラリーマン時代は、安くて美味しいモツ焼には随分とお世話になりました。

ただ独特の部位の名前が、具体的にどの部分なのかは殆ど知らず。


さりとて見栄で先輩には聞けず、また下手に取引先の社長なんかに聞いて知らずに恥をかかせちゃマズい・・・と、長い事その知識はありませんでした。

焼き鳥屋や焼肉屋でデートの最中に傾ける薀蓄ネタとして、以下に主だった部位の呼び名などをご紹介しましょう。

まずモツ自体が関東での呼び名。

ホルモンともいいますが、その語源は大阪弁の〝捨てるもの〟を意味する 『放るもん』 からだそうな。(※他説あり)


 ◆ ハ ツ   ・・・ 心 臓
 ◆ シビレ   ・・・ 膵 臓
 ◆ ハラミ    ・・・ 腹側の横隔膜
 ◆ サガリ   ・・・ 背側の  〃
 ◆ コブクロ  ・・・ 子 宮
 ◆ テッチャン ・・・ 大 腸 


ってことで、コテッチャンは小腸のこと。

更に牛の胃袋については、第一がミノ、第二がハチノス、第三がセンマイ、第四がギアラ。

レバーは、もう説明の必要はないですょネ。

またコリコリした歯応えがたまらない私の大好物・砂肝(砂ズリ)は、牛や豚にはないトリ独自の消化器官なんですって。


皆さんは、どの部位がお好きですか?

記念日の今日、モツ焼き食べに彼女を誘って、蘊蓄を傾ければポイント・アップは確実!?

あっ、もちろん誘う前に好き嫌いのチェックを、お忘れなく~。 笑2


              人気ブログランキング 

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック