FC2ブログ
和 徳

〝和を以って尊しと為す〟

多くの方がご存知であろう有名な言葉ですが・・・これがどの文献の一節か、ご存知の方は意外と少ないかもしれません。

「一曰、以和爲貴、無忤爲宗。 人皆有黨。 亦少達者。 以是、或不順君父。 乍違于隣里。 然上和下睦、諧於論事、則事理自通。 何事不成。」

漢文体の冒頭4文字が、これに当たるわけですが・・・これは、

 十七条憲法

の「一曰」、つまり現代風にいえば第一条の条文なのです。

この日本最古の憲法 (成文法) を聖徳太子が制定した (といわれている) のが、今から1,400年余り前の今日・604(推古天皇12)年4月3日でした。

720(養老4)年に完成した 『日本書紀』 に全十七条が引用されているのが最古のものですが、近年聖徳太子(※現在では厩戸皇子)の実在そのものを疑問視する学説もあり、故にこの十七条憲法も後世の作と主張する向きもあります。


         

しかしその真偽はともかくとして、仏教・儒教思想を背景とした官僚・貴族に対する規範を示したこの憲法条文は、現代日本でも十分通用する・・・いや、あらためて国民が噛みしめるべき内容といえましょう。


かいつまんで現代語訳にしてみると、


◆ 和を何よりも大切にし、争いを起こさぬことを根本とすべし。

◆ 政府高官や官吏たちは、礼の精神を根本に持つべし。

  人民を治める基本は、礼法に有り。 


◆ 悪を懲らしめ善を勧めるのは、古(いにしえ)からの良きしきたりなり。
  人の善行は隠すことなく、悪行は必ず正すべし。

◆ 信(まこと)は人の道の根本なり。 何事にも信がなければならぬ。

  事の善し悪しや成否は、全て信の有無にかかっている。


◆ 官吏は嫉妬の気持ちを持つべからず。
  自分が相手を嫉妬すれば、相手もまた自分を嫉妬する。

  嫉妬の憂いは果てない。


◆ 私心を捨てて公務に向かうは、臣たるものの道なり。

  およそ人に私心がある時、恨みの心が起きる。

  恨みがあれば、かならず不和が生じる。



等々・・・官吏を国民に置き換えれば日々の戒めとして通用するもの。

その根底には、十七条憲法の前年に〝徳・仁・礼・信・義・智〟を細分化して制定した 『冠位十二階』の思想が色濃く反映されていると言えましょう。

それを分かりやすく映像化したものが、こちら。(

   < https://www.youtube.com/watch?v=0ieTn6HPK-M
>


聖徳太子が最も上位にランクしたのが〝徳〟なのですが・・・それを子供たちに教えるべき道徳を疎かにしているのが、現在の学校教育。

私たちは、
国づくり・人づくりの原点に立ち返るべきなのではないでしょうか?うー





スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する