FC2ブログ
外来種

子供の頃、アレを釣ったこと・・・皆さんはありませんか?


私は屋外写生で学校の外に出ると10分ちょっとで絵を描きなぐり、残った時間を利用して糸の先に給食に出たチーズの欠片をつけて垂らし、同級生と何匹釣れるか競争したものですが…今日は、その

 ザリガニの日


今からちょうど90年前の今日・1927(昭和2)年5月12日に、初めて外来種のアメリカザリガニが日本に持ち込まれたことに因むのだとか。


       


面白いのは、その目的。

このアメリカザリガニは餌として輸入されたのですが・・・何の動物のためだったと思いますか?


正解は・・・なんと、食用ガエル。

        


「グォ~、グォ~」と牛のような大きな声(?)を出すことからウシガエルともいわれる、北アフリカ産で体長15cm以上にもなる巨大な蛙は、1918(大正7)年に東京帝国大学の渡瀬庄三郎教授によって食用として輸入され、その後食料不足を補うため国が主導して各地で養殖され始めました。

(とはいえ、私を含め殆どの方は食べたことはないでしょうが・・・それもそのはず、この蛙は2006年に特定外来生物に指定され、国内では流通していません。)


この蛙の餌としてニューオーリンズからアメリカザリガニを輸入したのが、『鎌倉食用蛙養殖場』 の経営者の弟・河野卯三郎氏。

       
              
鎌倉食用蛙養殖場の養殖池


当時は飛行機などは飛んでいなかったため100匹を入れたビヤ樽を船に積み込んだそうですが、長旅で殆どが死んでしまい、無事日本上陸を果たしたのは僅か20匹。


しかしその中から逃げ出した個体が各地で爆発的に繁殖・・・30年後には九州でも発見されるまでに。


今では北海道を除く全国に分布し、逆に元来我が国に棲息していたニホンザリガニは殆ど見られなり、環境省から絶滅危惧種に指定されています。


また彼らを食べるはずだったウシガエルもこの養殖場から逃げ出し、これまた全国に分布。


いやはや、ブラックバス等を含めた彼ら外来種の生殖能力・生命力は凄まじいですネ。

移民を受け入れたら、日本人が絶滅危惧種になってしまう・・・と心配するのは、私だけではないでしょう。うー


さて、今後お子さんとザリガニ釣りをするお父さんのために、ひとつアドバイスを。


アメリカザリガニは餌の種類に関わらず動くものに反応して糸をすぐ挟むのだそうですが、引き上げて水面から出た瞬間、ハサミを離す習性があるんですって。


ですから、必ず水中で掬う網を持っていきましょう。


・・・嗚呼、私が子供の頃それを知っていたら、もっと獲れてたのに。ダメだぁ顔

             人気ブログランキング 

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック