FC2ブログ
ポンッ!

皆さんは、日本で初めて登場した炭酸飲料水って、何だと思いますか?


今日は、明治・大正・昭和世代には懐かしい、その商品の記念日・・・


 ラムネの日


なのだそうです。


我が国初の炭酸飲料が持ち込まれたのは1853年・・・あのペリーが浦賀に来航した際に、黒船内で幕府の役人に振る舞われたのが最初だとか。驚き顔 ヘェ~


その時、栓を開ける 「ポンッ!」 という音を銃声と勘違いした彼らが、一斉に刀の柄に手をかけて身構えた・・・という、笑えないエピソードが残されています。


そして1865(慶応元)年に長崎の藤瀬半兵衛という人がこれを 『レモン水』 という名で売り出したものの、広まらず。

その後にレモネードが訛って 『ラムネ』 に。


そして1872(明治5)年5月4日に、千葉勝五郎なる人物が国内で初めてラムネを製造・販売を開始したことに因んで、今日が記念日となりました。


            ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-ラムネ


当初はコルク栓だったラムネが、中身の炭酸の圧力を利用してビー玉で密閉する瓶になったのは、1888(明治21)年頃・・・以来現在までその方式は変わっていません。


付属の出ベソ(?)みたいなフタを手で叩き入れた時の、「ポンッ!」 という小気味いい音とシュワワ~ッと噴き出す泡が、薄緑色のガラス瓶と共に涼しさを感じさせる〝古き良き夏の風物詩〟ですょネ。


飲む時にビー玉が邪魔して、なかなか思うように飲めないじれったさも懐かしいです。


しかし、あの独特のくびれたガラス瓶=コッドネック・ボトル (Codd-neck bottle は現在製造されておらず、昔のものを再利用しているのだとか。

ですからラムネを飲んだ方は、その瓶を割ったり捨てたりせず、必ずリサイクルしてください。

中には、高値で取引されている瓶もあるそうですし・・・。


記念日の今日は暑い一日になりそうですから、久しぶりに飲みたいところですが・・・懐かしい瓶入りラムネ、一体どこで売っているのやら?うー


             人気ブログランキング


 

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック