FC2ブログ
対 立

日本にとって、今日は『昭和の日』 というおめでたい祝日・・・ですが、アメリカにとっては25年前の今日・1992年4月29日に起きた事件を思い出す、忌まわしい日かもしれません。 それは

 ロサンゼルス暴動

これが起きたキッカケは、その前年1991年3月に起きた 『ロドニー・キング事件』 に関して、この日被告の警官全員に無罪の評決が出されたことでした。

この事件は、ロス市内でスピード違反を犯したロドニー・グレン・キング
という黒人青年が20人にも上る白人警官に車から引きずり降ろされ警棒などで暴行を加えられたもの。

この様子をたまたま近隣住民が撮影しており、その映像が全米に放送されたことで黒人の怒りを買いました。




映像が証拠となって、特定された白人3人・ヒスパニック系1人のロス市警の警官が起訴されたのですが、

「キングは巨漢で、酔っていて激しく抵抗したから素手では取り押さえられなかった」

という被告側の主張が通り、無罪判決が出されました。

またこの評決を行った陪審員に黒人が1人もいなかったことが、黒人たちの不満を爆発させる一因になりました。

がしかし、この史上最悪の暴動は何もこの評決だけで突然起こったわけではありません。

そこに至るまでの伏線があったのです。
それは、黒人とコリアンとの対立でした。


暴動が起きたサウスセントラル地区はかつて黒人居住区でしたが、事件の数年前から韓国系アメリカ人が黒人の所有していた酒屋などの店舗を買収して入り込み、ビジネスを始めていました。

そしてコリアンは黒人を極端なまでに蔑視し、地域内ではコリアンvs.黒人という対立構造が生まれていたのです。

そこで前述の 『ロドニー・キング事件』 が起きてから僅か13日後に、15歳の黒人少女が店で万引きの嫌疑をかけられてコリアンの女性店主(当時49歳)に射殺されるという 『ラターシャ・ハーリンズ殺害事件』 が起きてしまいます。

無防備な少女を背後から撃ち殺した犯人には懲役16年の求刑がなされましたが、同年11月に陪審員が下した判決は、5年間の保護観察処分とボランティア活動400時間、罰金僅か500ドルという、殺人罪としては異例の軽さ。

この判決に対する不満と怒りが、黒人の間にフツフツと煮えたぎっていたことは、想像に難くありません。

そこに出された無罪判決が引き金となったことは、無理からぬこと。

無罪判決に怒りを爆発させた黒人たちは、ロス市内各所で暴動を起こして商店を襲撃して略奪を繰り返し、また放火も。


 

そして当然のことながら、白人と共にコリアンも標的になりました。【閲覧注意】

トラックから引きずり降ろさせて暴行された白人①と、反撃するコリアン②のライブ映像は、衝撃的でした。


  https://www.youtube.com/watch?v=hztskxmsa1E  

 https://www.youtube.com/watch?v=PmsKGhLdZuQ


あまりの大規模な暴動に市警は、自分の身を守るのに精一杯。


翌30日にはロサンゼルスの黒人市長が非常事態宣言を発令し、4,000人以上の州兵や陸軍・海兵隊員が投入されました。

更にロドニー・キング自身がテレビ出演して暴動を自制するようメッセージを発し、また司法省が彼の事件を公民権法違反の疑いでFBIに再捜査させると発表し、アメリカ各地にまで広まった暴動の嵐は、6日間でようやく沈静化。

しかし一連の暴動で死者53名、負傷者約2,000名、放火件数3,600件、崩壊した建物は1,100件に達し、逮捕者は黒人ら約1万人。

総被害額は10億ドル以上という大損害を被りました。

この暴動に関し、コリアン達は「ロス市警は暴動鎮圧に消極的だった」、「無実の我々が犠牲を強いられた責任は市当局にある」と激しく非難。

自分たちのやったことを棚に上げて他人を批判する・・・これまさに、コリアンの民族性です。うー

この事件後も全米各地で暴動が起きた際、コリアンの経営する店が何度も襲撃されているのは、それだけ黒人ら周囲から嫌われているってこと。

余談ですが、暴動が沈静化した後にロサンゼルス市を相手取って訴訟を起こしたロドニー氏は、380万ドルという高額な賠償金を手にしました。
(もっとも、その半分以上は訴訟費用に消えたそうですが・・・。)

         

顔もすっかり元通り(?)になった彼ですが、素行も元のまま。
その後も飲酒運転や傷害沙汰を繰り返し、有罪判決を受けています。

2011年にはインタビューで、「自分も何度も許してもらったから、暴行した白人警官を許す」と殊勝なコメントを出しましたが、その翌年6月に自宅のプールの底に沈んでいるところを発見され、47歳であの世へ。

これは果たして事故死なのか、はたまた自然死なのか、それとも・・・?冷や汗


             人気ブログランキング


 

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック