FC2ブログ
報 恩

宇宙は百億くらいある。 その百億の内のひとつが我が地球の属する銀河系宇宙だ。

その大きさはほぼ分かっている。


楕円形で直径が10万光年、厚さが最大1.5万光年・・・あまりりのスケールに言葉が出ない。

その宇宙の中で地球だけに生命が宿されている。
宇宙から見た地球は物凄く美しいと宇宙飛行士たちは口を揃える。
地球に住む生命体が発するオーラが、地球を浮く敷く輝かせているに違いない。


その地球に住む生命体の中に宇宙は等しく天敵を与えた。
天敵がいなければあらゆる生命体は増殖し、蔓延・跋扈する。
それは調和を愛する宇宙の心に反するということだろう。

ただ、限りない生命体の中で人間にだけ天敵がいない。 何故か?
長い間の疑問だったが、ある時思い至った。


人間の天敵は外ではなく、心の中にいるのだ、と。

人間を襲い、蝕む天敵。 それは心の中に巣食う不満不平である。
事ある毎に湧き起ってくる不平・不満・愚痴こそ、人間を滅ぼす天敵である。

歌人・生方たつゑの母は、少女の頃ともすれば不満顔をするたつ


「不満を持つ間は、人は幸せからはじき返されますのや。」


と、よく言い聞かせたと言う。 

人生を知り尽くした人の英知の言葉であろう。

人間を損なう天敵の対極にあるもの・・・それが、感謝である。
心が感謝の思いに満ち溢れた時、あらゆる不平不満は一気に消え去る。
感謝こそ人間という生命体を健やかに成長させる根幹である。

       地球


以前、東京で開催された 『人体の不思議展』 を見た時、人間の生命に畏怖に近い感動を覚えた。

殊に全身に行き渡った血管網と神経細胞の標本は、人知を遥かに超えていた。

身体の隅々に至るまで、微妙かつ精巧に、そして見事な調和の中に一点のネジレも縺れもなく配列されたそのさまは、神の領域そのものだった。

しかもその1本1本がそれぞれの役割を与えられ、その役割を果して全体に帰依している。
全知全能の神でなければ想像し得ない世界が、そこにあった。

人間は既に鬼籍のような生命をいただいて生きている。
〝生きて〟いるのではなく、限りない恩の中に〝生かされて〟いる。
理屈なしに、そう直感するしかない世界が、そこにあった。

恩という字は 『口』・『大』・『心』 から成っている。
『口』 は環境、『大』 は火とか手足を伸ばしている姿である。


何のおかげでこのように手足を伸ばしておられるのは、と思う 『心』 が、〝恩を知る〟ということであろう。

安岡正篤師の言がある。

「我々は天地の恩、人間の恩、道の恩、教えの恩など、あらゆる〝恩〟の中にあります。 これに絶えず報いていくのが生活であります。」

感謝報恩の人生を歩みたいものである。


          『小さな人生論・3』(致知出版社・刊)より抜粋・編集にて


             人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック