FC2ブログ
凸 凹

駅のホームや歩道などで見かける黄色い帯状の凸凹・・・あれが

 点字ブロック

であることは、皆さんもご承知のことと思います。

正式には 『視覚障害者誘導用ブロック』 という名称だそうですが、これが日本で・・・というより世界で初めて敷設されたのが、今からちょうど50年前の今日・1967(昭和42)年3月18日の事だったとか。

場所は東京・・・ではなく、現在の岡山県岡山市中区の国道250号線・原尾島交差点付近でした。

発明したのは、交通安全試験研究センターのセンター長だった初代理事長の三宅精一氏。

この近くに岡山県立岡山盲学校があったことが敷設の場所として選ばれた理由のようです。

以後この点字ブロックは様々な場所に敷設されてきましたが、2001年には日本工業規格(JIS)でサイズや形状を統一。

更に2012年にはこのJISに基づいて国際規格が定められ、現在では150ヶ国以上の国に広がっているとか。

とは言え、日本ほど充実している国はないようですが・・・。

さてこの点字ブロック、何種類あると思いますか?

正解は・・・

   

画像のように、点と線の2種類だけ。


点状のものは 『警告ブロック』 と呼ばれ、危険箇所や誘導対象施設等の位置を示すしており、文字通り注意すべき位置を示すもの。


階段前、横断歩道前、誘導ブロックが交差する分岐点、案内板・障害物の前、駅のホームの端等に設置されています。

線状のものは 『誘導ブロック』 と呼ばれ、視覚障害者がブロックの線の向きを足裏や白杖で確認しながら進むことができるように設置されています。

ですから、視覚障碍者の方にとっては、ある種の命綱に等しいもの。


しかし一方で私を含めた健常者は、普段このブロックの存在をあまり意識していません。

故に駅のホームで電車を待っていたり交差点で信号待ちをしている時など、無意識に手荷物をブロックの上に置いたり、その上に立ってしまうことがあります。

昨年あたり左翼団体が国会周辺で抗議行動する際、点字ブロックの上に座り込んで顰蹙を買ったことも記憶に新しいところ。

そういう無神経なことをすれば、視覚障害者の方がそこで杖が引っかかったり人とぶつかったり、最悪の場合転倒してケガを負うことも考えられます。

最近では景観を重視して道路の色と同じ色彩にした点字ブロックもあるそうですから、気付きにくいケースもあるとのこと。

発明されて半世紀経ったこの点字ブロック・・・私たち健常者も目視だけでなく足裏で凸凹を感じ、視覚障害者の方々に迷惑にならないよう気配りをしたいものです。笑3


 


             人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック