FC2ブログ
大団円

今日は、クリスマス・イヴ。

ご家族や恋人と楽しい一夜を過ごす計画を立てている方も多いことでしょう。

まさか、まだプレゼントを買っていないなんて方は、いないですょネ?あせあせ

なんて言ってる我が家の場合は、女王様との協定(?)により結婚当初から仕事の関係でクリスマス・イヴはイベントもプレゼントもなし。

でも私は今年、自分のためにささやかな買い物をしました。

それは、このDVD。

 CSI:科学捜査班 -最終章-

   終わらない街ラスベガス


   


CSIシリーズについては拙ブログでも何回か取り上げましたが、かつて〝世界で最も見られている〟と言われ、2000~2015年にわたり15シーズンも続いたアメリカの超人気TVドラマ。

私はこのドラマが始まる直前までに3回程舞台となるラスベガスに行ったことがあり、当初はストリップ通りや林立するホテル、そして煌びやかな夜景を懐かしもうと観始めたのですが、すぐにそのレベルの高いストーリーや科学捜査という地味な世界にスポットを当てたこのドラマにハマってしまいました。

※実はCSI(Crime Scene Investigation = 科学捜査班)という名称のセクションは、このドラマ以前には現実には存在していなかったそうで、同作の大ヒットによりそれまで人手不足だった鑑識に就職志望者が殺到したため、各警察署で科学捜査を行うセクションを独立させ、後付けでCSIと命名したのだそうな。驚き顔

その人気ゆえに、マイアミやニューヨークなどのスピンオフ・シリーズも制作され、私はその全ても観てきましたが・・・これらCSIシリーズを観てからはジャリタレが主役を演じる日本のTVドラマには見向きもしなくなってしまいました。

このシリーズの1話にかける製作費が邦画1本分かそれ以上というのですから、出来が段違いになるのも致し方ないんですけどネ。

この〝最終章〟は、シーズン15が終了した後に特別篇として製作されたもので、日本では昨年11月に放映されたもの。

当然私も観ましたが、それから1年経過してやっと今月このDVDが発売されたのです。

なんでわざわざ購入したかというと、シーズン9で降板した、私が最も好きだったグリッソム主任が再登場するから。

その他にも、番組開始時には小さな女の子だったキャサリンの娘リンジーが美人捜査官として出演するなど、CSIファンにとってはまさにオールスター勢揃い。

(とはいえ、第1話からレギュラーだったニックは残念ながら登場しませんが・・・。)

この最終章を観るだけで、過去のエピソードがいろいろと思い出せるんです。

それにキーパーソンとして、映画 『グリーンマイル』 に出演していた、あの・・・っと、それ以上はネタバレになるので、この辺で。

同シリーズを知らない方が見ても1本のドラマとして成立してはいますが、やはり過去のいきさつを知っている方には、様々な思いが脳裏をよぎるはず。

特にラストシーンは意外でしたが、シーズン1から観ている私は思わず涙してしまいました。

今宵はクリスマス・イヴに相応しい感動的なラスト・エピソードを、しんみりと楽しむつもりです。

えっ、女王様と一緒に観ないのかって?

実は彼女、子供の頃医者になりたかったらしいのですが、カエルの解剖が気持ち悪くて出来ず断念したことがあり、そのトラウマで死体や解剖シーンがダメなんですワ。うー


それでは、皆さんも良き聖夜をお過ごしください!



  


           人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック