FC2ブログ
人気投票

明後日開催される、今年最後の重賞レース・・・といえば、競馬ファンには説明不要の

 有馬記念

このレースの第1回が〝中山グランプリ〟の名称で開催されたのが、今からちょうど60年前の今日・1956(昭和31)年12月23日のことでした。

国内唯一の競馬施行体であった日本競馬会は、敗戦後の1948年にGHQから独占禁止法に抵触する機関として閉鎖を命じられ、解散。

暫くは農林省・競馬部により〝国営競馬〟
として運営されていました。

1951年、サンフランシスコ条約に調印しようやく国権が回復すると競馬も民営化の機運が高まり、1954年に日本中央競馬会が発足。

その翌年に第2代理事長に就任したのが、旧筑後国久留米藩主・有馬家の第15代当主にして、第一次近衛内閣で農相を務めた有馬 頼寧(よりやす)氏でした。

           


有馬氏は、老朽化が進んでいた中山競馬場のスタンドを補修する費用を捻出するため、河野一郎農相らに働きかけて競馬開催による収益を国庫に収めず改修費用に充てるという、いわゆる『有馬特例法』 を成立させることに成功。

更に当時の中山競馬場では 『中山大障害』 以外にこれといった冠レースがなかったことから、同競馬場で目玉となる大きなレース開催を画策。

同競馬場の大改修を翌年に控えた1955(昭和30)年末に行われた競馬会主催のパーティー席上で、

「ファンが(出走馬を)決めるレースを、中山でやってみたい」

とブチ上げます。

実は彼、1936~40年にかけてプロ野球チーム・東京セネタースのオーナーだったことがあり、その間の1937年にアメリカのメジャーを参考にした『職業野球東西対抗戦』・・・すなわち東西オールスター戦が行われたことをヒントにこのプランを思いついたとか。

4歳クラシック競争と5歳以上が目指す秋の天皇賞が終わった12月に開催することが決まり、投票が出来るという参加型レースにはファンも大きな関心を寄せ、当日は1万人入れば御の字だった中山競馬場に約28,000人が押し掛ける大盛況。

芝・2,600mで行われた同レースでは、過去15勝を誇る1番人気のメイヂヒカリが見事に栄えある初代優勝馬の栄冠を獲得しました。

          



大成功に終わった同レースですが、その直後に予想しない出来事が・・・。

翌月の1957年1月9日に、有馬氏が肺炎により急逝されてしまったのです。

実は同レースの人気投票の際レース名の公募も実施していたのですが、2年足らずの在任期間でありながらも理事長として競馬会の発展に尽力した彼の功績を称え、同レースの名は 『有馬記念』 に。

これに関しては、他の名称で投票したファンも納得したことでしょう。

現在は年末の風物詩としてすっかり定着したこの重賞レース・・・皆さんは、どの馬に今年最後の夢を託しますか?


えっ、お前はどうするんだって?

実は私、今まで馬券を買ったことがないんですワ~。あせあせ



            人気ブログランキング


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック