FC2ブログ
TPO

先日、会社近くの幹線道路を走っていた時の事。
いつも比較的空いている道路が、なぜか渋滞。

私は交差点を右折するために一番右の車線を走っていたのですが、その右折車線に入る前の直進路線から、車がビッシリ。

(な、何だ? この渋滞は。 事故でもあったのか?)

といぶかりつつも、為す術もなくただノロノロと前進。 


やがて前方の信号が見えてきたのですが、いつもより右折の矢印が出てからの車の進み具合が悪いんです。

その理由は、交差点に入ろうとしたところで黄信号に変わった時、前の車が急ブレーキをかけて止まり、危うく追突しそうになった時に分かりました。    


中央分離帯にある首都高速の太い桁の陰に隠れて、警官・・・しかも男性警官と婦人警官の2人が信号無視の車を捕まえようと、待ち構えていたんです。

これじゃあ、いつもなら信号の変わり際にスピードアップして曲がって行く車が全部停車して、渋滞になるわけです。

     

確かに、道交法における黄信号は(安全に止まれない場合を除いて)〝止まれ〟。


ですから、スピードアップして侵入すれば違反切符を切られても仕方はありません。

でも、私は警察に文句を言いたいのです。

暮れも押し迫りクリスマスも近い車の数が増えるこの時期に、何でわざわざこんなつまらない取り締まりをするのか!? と。

もしそう抗議されたら、彼らはきっとこう答えるんでしょう。

「いや、そういう気忙しい時だからこそ、事故を防ぐために我々は取り締まりをしているんです。」

って。 しかしここは4車線もある大きな交差点ですから赤と青のタイムラグが大きく、今まで交差点内での事故を目撃したことは皆無。

私に言わせれば、むしろ警官が立っていることで急ブレーキを踏んでしまい、後ろから追突されるリスクの方が高いはず。


それでも彼らは、「それは車間距離を十分取っていないからでしょ。」 と木で鼻を括ったように言うんでしょうけど。

また忙しい師走に取り締まりでできた渋滞に巻き込まれると、イライラして事故の危険性が増すのでは?

法解釈はともかく、普段スムーズに流れているポイントでわざわざ渋滞を作り出すような取り締まりは止めてほしいもの。


もう少し時と場所・状況を考えて実施すべきでしょう。

こんな事をやってるから、世間から 「どうせノルマ達成のためにやってるんだろ」 って陰口を叩かれるんですョ。

ま、実際そうなんでしょうけど。

これから年末にかけてハンドルを握る皆さんは、つまらない違反切符を切られて不愉快な思いをせぬよう、くれぐれもお気を付けください。

敵は思わぬところに潜んでいますから・・・。うー


            人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック