FC2ブログ
Heat Pad

タイトルの英語が、どんなモノを指すのかは何となくお分かりいただけると思います。

今日・12月1日は、その

 カイロの日

なのだそうな。 カイロの需要が増す時期の12月の最初の日・・・というのが、制定の理由だとか。

実はこのカイロ(懐炉)、日本が生んだ日本独自の保温器具なんです。


ルーツは、江戸時代に石を温めて懐に入れた〝温石(おんじゃく)〟。

明治時代に入ると、麻殻や殿炭粉を袋に詰めたりして燃やす〝懐炉炭〟が使われ、更に大正時代に入るとベンジンの気化ガスと白金の触媒作用を利用した〝ベンジンカイロ〟が登場。

私が子供の頃に大人が使っていた懐炉は、そのベンジンを注入する一見ライターのような『ハクキンカイロ』でした。(↓)


           


現在でも販売されており、愛用している中高年の方もいらっしゃるかもしれません。

しかし今や一般的にカイロと言われるのは、いわゆる〝使い捨て〟タイプ。


空気に触れると酸化・発熱する鉄粉の化学反応を利用した使い捨てカイロは、1950年の朝鮮戦争時にアメリカ兵が寒冷地で水筒のような容器に鉄粉と食塩を入れて温まっていたことをヒントに、旭化成工業(現・旭化成)が1975(昭和50)年に 『アッタカサン』 という商品名で発売。

しかしこれはあくまで九州限定。

これをプロトタイプとして、日本純水素(現・日本バイオニクス)社がパッケージを開くと温まるタイプのカイロを開発し、ロッテ電子工業(現・ロッテ健康産業)社が大々的にテレビCMを打って販売したのが、皆さんもよくご存知の『ホカロン』。


当時1個100円程度という低価格だったこともあり、アッという間に人気商品となった使い捨てカイロは、その後1988年に貼るタイプが登場するなど様々なニーズに答える形で進化しています。

       


寒がりなウチの女王様は、真冬はお腹と背中に貼ってますが、私も冬場にゴルフした際はポケットに小さなカイロを入れて手を温めたものです。

しかし、この使い捨てカイロにも使用上の注意が・・・それは、低温ヤケド。

ちょうど心地よい暖かさを感じる60℃くらいでも、1分間圧迫し続けるとヤケドするそうで、更に低い50度でも3分が限度とか。

この低温ヤケドを防止するためには、

 
◆ カイロを直接肌にあてない。
 ◆ カイロのあたっている箇所を圧迫しない。
 ◆ 同じ場所に長時間あてない。
 ◆ 就寝時に使用しない。

ことが大事。

更にもう一つ注意事項が。 それは、カイロの捨て方。

いくら鉄を燃やす商品とはいえ、東京都条例では『燃えないゴミ』に分別しなければならないとされています。

ただこの分別に関しては各自治体によって扱いが違うそうですので、お住まいの地域ごとに確認が必要ですが。

正しい使い方と捨て方をマスターして、これからの寒い冬を凌ぎましょう!笑2




             人気ブログランキング


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック