FC2ブログ
名 跡

突然ですが、皆さんは〝忍者〟といえば誰を思い浮かべますか?


中にはショー・コスギの名を出す方もいるかもしれませんが、多くの方はハットリくん! ・・・って仰るかも。


映画 『キル・ビル』 (2003年公開)でも千葉真一さんが演じていましたが、今日11月4日は、その


 服部半蔵正成


の命日にあたります。


しかし実は彼、初代ではなく2代目の半蔵なんです。


先代の父親から譲り受けた『服部半蔵』は、以降幕末の12代目まで引き継がれていった〝名跡〟なのだそうな。


         


正成は天文11(1542)年に服部保長の四男として三河国に生まれ、忍者だった父から家督を継いだ後は徳川家康に仕えました。


服部家は〝忍者の里〟- 伊賀国に先祖があるものの、彼自身は忍者ではなく槍を得意とする武士であったとか。


姉川の戦いや見方ヶ原の戦いで戦功を重ね、特に本能寺の変が起きた直後には堺に滞在中だった家康を護衛し、無事三河に辿り着かせたこと(伊賀越え)で有名です。


家康の信頼を得た正成は、家康が関東入国後に与力30騎・伊賀同心200名を与えられ、8,000石を領した有能な管理職だったそうな・・・。


伊賀者を統率する立場かだったが故に、〝忍者の総領〟というイメージが強くなったのでしょう。


ちなみに皇居にある『半蔵門』は、江戸城を警護する半蔵の屋敷がこの門の前にあったことからその名がついたそうです。


        半蔵門


正成は今から420年前の今日・1596(慶長元)年11月4日に54歳で没し、彼自身が織田信長に切腹させられた家康の長男・信康を弔うために創建した西念寺(新宿区)に葬られました。


その後3代目・半蔵として伊賀同心200名の指揮権を継いだのは、長男・正就(まさなり)。


しかし立派な父親を持った彼は、その権力をそのまま引き継げると勘違いし居丈高にふるまったため、同心らから反発を招き解任されてしまいます。

その後名誉回復を狙って大阪夏の陣に参戦したものの行方不明になり、名門・服部の家名に大きな傷をつけてしまいました。


『服部半蔵』 の名だけは、その後も子孫が他家に仕えるなどして何とか存続されたのですが・・・。


〝三代目がお家の浮沈を握る〟のは、政界・ビジネス界そして忍者の世界でも不変の真理のようです。うー




            人気ブログランキング




スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック