FC2ブログ
初 穂

バレンタインにホワイトデー、そしてクリスマスに最近ではハロウィン・・・日本人が外国文化をすんなり取り入れる柔軟性は凄いと思いますが、その多くは商業ベースに踊らされていると言えましょう。

それに一々目くじらを立てるつもりはありませんが、だからと言って日本の伝統儀式や風習をないがしろにすべきではないと思います。

今日・10月17日が、我が国に古来から伝わる大祭のひとつ、

  かん なめ さい
 神 嘗 祭

を執り行う日であることを、今どれだけの日本人が知っているのでしょうか? うー

※大祭とは神社の主要な祭祀であり、宮中祭祀のうち天皇陛下自らが執り行う祭祀のこと。 

しかし日本国憲法その他の現行法では宮中祭祀に関して明文化されておらず、天皇陛下が私的に執り行う儀式と解釈されています。
そのゆえに、社会的に広く認知されていないと言えるかも・・・。

〝神嘗祭〟とは、日本神話において天照大御神 (あまてらすおおみかみ) が天上の高天原 (たかまがはら) で初穂(※その年の最初に収穫した稲穂)を食されたことに由来し、毎年の初穂を伊勢神宮にお祀りされている天照大御神にお供えし感謝するお祭り・・・つまり五穀豊穣の感謝祭にあたり、西暦721年から1,300年近く連綿と続く伊勢神宮と宮中での伝統行事。

        


元々は宮中が勅使に御酒と神饌を授けて伊勢神宮に遣わし、それを旧暦の9月11日に奉納する儀式が執り行われていましたが、1872(明治5)年以降は新暦の9月17日に変更。

しかしその時期だと稲穂の生育が不十分なため、1879(明治12)年からは1ヶ月ずらして10月17日となりました。

この儀式自体は知らずとも、天皇陛下が奉納する稲穂を皇居内の水田で刈り取られる様子をニュースでご覧になったことのある方は、多いはず。

       


         


                先月行われた稲刈りのご様子



拙ブログで記事にしましたが、皇后陛下は以前 「皇室は祈りでありたい」 と仰られたことがありました。

その言葉通り、天皇陛下は来月23日に執り行われる大祭 『新嘗祭』 では、長時間にわたり正座して五穀豊穣を祈られます。

※新嘗祭に関する過去記事は、こちら。(
   http://ameblo.jp/warmheart2003/entry-11545966329.html


日本人は農耕民族であり、ゆえに毎年様々な祈りを神に捧げてきました。

しかし終戦後、そういった伝統儀式が(GHQの施策等により)軽んじられてきたように思います。

国家の安寧や子々孫々の繁栄を願うなら、1,000年以上続く伝統行事を疎かにすべきではない・・・と、私は考えます。

天皇陛下や伊勢神宮だけでなく、国民が等しく自然の恵みに感謝する一日にしたいものです。扇子




             人気ブログランキング


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック