FC2ブログ
統 一

もし学校の世界史で教えていないとすれば、問題ですが・・・かつてこの国が東西2つに分かれていたことを、30歳以下の若者たちは知っているのでしょうか?

今日は、そのドイツ民主共和国(東)とドイツ連邦共和国(西)が1990年10月3日に統一されたことを祝うドイツの祝日、

 ドイツ統一の日

なのだそうです。

1933年、ヒトラーの独裁により成立したナチス・ドイツは第二次世界大戦を引き起こしたものの、1945年連合国に降伏。

それまでの領土を一部失った上、連合国側の占領地域に分割され、東西ドイツ2ヶ国に分裂しました。

特に東ドイツの首都・ベルリンは一夜にして作られた壁によって東西に分けられ、西ベルリンには空輸で食料を運ばざるを得ないという異例の事態に。


※ベルリンの壁に関する過去記事は、こちら。(↓)
  http://ameblo.jp/warmheart2003/entry-11811558741.html


          

そしてそのベルリンの壁が崩壊した1年後の1990年10月3日、ドイツは念願の統一を果たしたのです。



※この統一記念日は、当初そのベルリンの壁が崩壊した11月9日が国民の祝日に指定されていました。

ところがこの日は1923年にヒトラー・ルーデンドルフ一揆、そして1938年には水晶の夜(ドイツ各地の反ユダヤ主義暴動)が起きた日であることから不適切と判断され、この統一した日が祝日となったのだそうな。

しかし物事には表と裏があり、陽が当たれば必ず影ができるもの。

世界中から祝福されたこの東西統一は、ドイツ国民にとっては手放しでは喜べない状況を国内に作り出しました。

もともと東独の経済状態はどん底で、失業率が西独の2倍、賃金も30%安いという経済格差が歴然とした中での統一は、双方の国民に多くの混乱をもたらしました。

統一といっても、実質的には東独が西独に吸収合併されたようなもの・・・たとえ同じゲルマン民族同士とは言え、感情的にしこりが残るのは致し方ないでしょう。

四半世紀が経った現在でも様々な弊害が残る状況を見るにつけ、朝鮮半島の南北統一が如何に難しいかが透けて見えます。


・・・ところで皆さん、実は連合国内部には終戦後の日本でも同じような分割統治案があったことをご存知ですか?



 ◆ 北海道・東北・・・・・・・・ソ 連

 ◆ 関東・甲信越・・・・・・・・アメリカ

 ◆ 近 畿・・・・・・・・・・・・・・アメリカ・中 国

 ◆ 四 国・・・・・・・・・・・・・・中 国

 ◆ 九州・中国地方・・・・・・イギリス

 ◆ 東京23区を4ヶ国で共同統治


       


もし、太平洋戦争で本土決戦・連合軍の上陸を許すまで日本軍が降伏しなかったら、我が国は連合軍の領地分捕り合戦の草刈場と化した可能性が大。

今頃は嘗ての東西ドイツ、そして現在の韓国・北朝鮮の如く、
宮城県境にある白河の関辺りが日本における〝38度線〟(?)となり、
南北あるいは東西に分断されて大和民族同士が敵対・緊張状態に置かれ、東京23区の半分が高い壁に囲まれた〝陸の孤島〟になる可能性があったのです。


歴史に〝もしも〟は禁句ですが・・・背筋が寒くなりませんか?


そう考えてみると、かつて日本が連合国側による4分割を回避できたことは、実に幸運だったと言えましょう。


           人気ブログランキング


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック