FC2ブログ
大和魂

学校で少しだけ習った記憶が皆さんにもあると思いますが、『国学』 とは蘭学と並び江戸時代を代表する学問のこと。

元禄時代に契沖が創始したと言われ、それまでの儒教や仏教中心とする学問の傾向を批判し、日本古来の古典を研究して独自の精神世界・思想を明らかにしようとするものですが・・・今日・9月29日は、その国学を代表する学者にして医師でもあった


   もとおり のりなが
 本居 宣長

の命日にあたります。

宣長は1730(享保15)年に木綿商を営む父・小津定利の次男として、現在の三重県松坂市で生まれました。

幼少期から習字・漢籍を学んだ宣長は、11歳の時に父を亡くしたため跡を継ぐべく一時期江戸に上って叔父の店を手伝ったり、19歳で紙商を営む今井田家に養子に入って修業。

兄が亡くなったため22歳で小津家を継いだ宣長でしたが、自ら商売向きでないと悟った彼は母親の意向もあって医師になるべく京都に遊学します。


         

京都では医学を学ぶ傍ら儒学、更には漢学・国学などに幅広く接した宣長は、やがて荻生徂徠や契沖の薫陶を受け国学に傾倒していきます。

28歳で帰郷し、地元・松坂で内科・小児科医を開業した宣長は、その傍ら古典講釈塾も開講して町人たちに源氏物語を
教えたり日本書紀の研究をするように。


そんな中、彼に運命的な出会いが訪れます。

かつて彼が購入し影響を受けた『冠辞考』の著者・賀茂真淵が伊勢参りの帰路に松坂を訪れた際、面談の機会を得たのです。

俗にいう〝松坂の一夜〟の対面・・・生涯でたった一度の出会いで感じ入った宣長は、弟子入りを志願。

これぞまさしく〝一期一会〟の見本といえましょう。

約半年後に入門を許された彼は、以後馬淵が亡くなるまでの6年間にわたり手紙のやり取り、つまり通信添削のみで指導を受けました。

師匠から当初万葉集の注釈から始めるよう指導を受けた彼は、やがて古事記の研究に没頭。

有名な44巻に渡る大書・『古事記伝』は、32年かけて1798(寛政10)年に完成。

まさにライフワークと言える大仕事でした。


この古事記伝を含め、生涯に200冊以上の著書、1万首以上の和歌、1,000通以上の書簡を遺し500人近い門人を育てた宣長が71歳でこの世を去ったのは、今から215年前の今日・1801(享和元)年9月29日。


私たちは、明治維新以降どうも欧米に憧れ日本(の文化)を卑下する風潮がありますが、世界一古い国家である母国に誇りを持つと同時に、もっと知るべきだと思うのです。


宣長の著書としては、筑摩書房から全23巻に及ぶ 『本居宣長全集』 が刊行されていますが、学者でもない限り到底読破できない膨大な量。

ということで、比較的容易に彼の功績・学問に触れられる著書をご紹介致しましょう。

  『本居宣長』 (田中康二・著 中公新書・刊)


        

『古事記伝』 を始めとする宣長の著書を通して、彼の人となりや考え方を知ることが出来ます。

著書 『うひ山ぶみ』 の中で、宣長はこう述べています。

〝(件の書どもを早くよまば、)やまとたましひ〔大和魂〕よく堅固(かた)まりて。漢意(漢学のこころ)に陥らぬ衛(まもり)にもよかるべきなり。
道を学ばんと心ざすともがらは、第一に漢意儒意を清く濯ぎ去りて、やまとたましひ〔大和魂〕をかたくすることを要とすべし。〟


【(それらの本を早く読んでおけば、)大和魂の地固めが出来て、漢意に陥らない守りになろう。
道を学ぼうと志を立てる人々は、第一に漢学・儒学をきれいさっぱり洗い流して、大和魂を堅固にすることが必要だ。】


温故知新・・・とかく敬遠しがちな古文の世界を通して日本人の感性・教養の高さに触れ、現代日本人が忘れかけている〝大和魂〟を再認識すべきでしょう。扇子



            人気ブログランキング


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック