FC2ブログ
サッポロ

真夏は過ぎましたが、それでも仕事帰りに〝とりあえず〟の生ビールで生き返っている方は多いことでしょう。

そのビール製造に関し、日本で初めての営業用ビール醸造工場である

 北海道開拓使麦酒醸造所

が開業したのが、今からちょうど140年前の今日・1876(明治9)年9月23日のことでした。

ここが、現・サッポロビールの原点でもあります。

この工場建設には、その名の通り北海道開拓が大きく関わっています。

本格的な北海道開拓は1880年代後半から始まりましたが、それ以前のインフラ拠点として工場群の建設が始められたのが、工業用水が豊富で製品や木材の搬出・輸送に適した現在の創成川と豊平川の間に挟まれた広大な土地。


その一角にできたのが、この醸造工場でした。

そして同醸造所を建設したのは、村橋久成という元薩摩藩の上級武士。

         

薩摩藩の第一次英国留学生の一員として選ばれ、ロンドンの大学で1年間学んだ彼は、帰国後戊辰戦争に従軍し、箱館戦争時には榎本武揚と終戦交渉を行うなど活躍。

終戦後は開拓使東京出張所に出仕し、北海道の測量・区分けなどを行った彼は、開拓使が計画中だった麦酒醸造所の建設責任者に任命されました。

開拓使側は一旦東京に工場を建設する予定でしたが、彼はビール醸造の気候条件は北海道の邦画適しているとして現地建設を主張し、1876年5月に職人を連れて北海道入り。

そして4ヶ月後の9月23日に、早くも工場を完成させたのです。

       



当時は木造(※煉瓦造りに改築されたのは1892年)で、開業式の庭先に積まれたビール樽(写真・右)には

〝麦とホップを製す連者(れば)ビイルとゆふ酒に奈る〟

と書かれていました。

翌年夏にはこの工場で作られたビールに開拓使のシンボルである北極星が描かれたラベルを貼り 『冷製札幌麦酒』 と銘打たれて東京で販売され、好評を博したとか。

そして完成から10年後の1886(明治19)年に同醸造所は大倉喜八郎率いる大倉組商会に払下げられ、更に翌年浅野総一郎・渋沢栄一らがこれを買い取って札幌麦酒会社を設立。

これが現在のサッポロビールの前身というわけ。

そして現在この醸造所は 『サツポロファクトリー』 に生まれ変わり、連日多くの観光客が訪れています。

一方、村橋久成はどうなったかというと・・・。

ビールの販売が順調に推移したことで、彼は工場立ち上げの2年後に札幌本庁の民事局副長になったのですが、その翌年病気のため熱海で療養を強いられ、治癒後は東京在勤に。

1880年には東京出張所勧業試験場長に任命されたのですが、黒田清隆主導の醸造所を含めた開拓使施設の民間払下げの動きを知って失望したのか、1881年5月に突然開拓使を辞職。

北海道内の牧畜会社の社長に就任するも、しばらくして家族をも捨て托鉢僧となり、放浪の旅に出て消息不明に。


そして1892年9月下旬に神戸市内の路上で所持品もなく裸同然で行き倒れているところを巡査に発見され病院に運ばれたものの、数日後に肺結核と心臓弁膜症により50歳で寂しくこの世を去りました。

心血を注いで作り上げた醸造所が安価で払い下げられたショックは、私たちの想像以上に大きかったのでしょうネ。

今晩ビールを飲まれる方は、国内初の醸造所の完成記念日を祝うと同時に、村橋氏の冥福を祈りつつ献杯をお願いします。笑3

 


              人気ブログランキング


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック