FC2ブログ
乗 合

通勤や通学などでほぼ毎日乗ったり、今でも乗っている方が多いと思います。

今日は普段の生活に欠かせない交通手段である

 バスの日


なのだそうです。

今から113年前の今日・1903(明治36)年9月20日に、二井商会という京都の会社が堀川中立売~七条駅及び祇園間に日本で初めて乗合自動車の運行を始めたことを記念して制定されたとのこと。


目新しい乗り物に、さぞ人々の人気を集めただろう・・・と思いきや、当初はライバルの乗合馬車業者から邪魔をされてうまくいかなかったのだそうな。

いつの世にも、既存勢力の抵抗はあるのですネ。

しかし写真を見ると実に危なっかしいというか、目いっぱい乗せる様が東南アジアを思わせる風情ですが・・・もし雨が降ったら、お客さん傘をさして乗ったんでしょうかねェ?あせあせ


       

大正時代までは数人乗りの乗用車を使っていたバスですが、その必要性が認識されるようになるキッカケとなったのは、1923(大正12)年に起きた関東大震災。

それまで人々の足となっていた路面電車が壊滅的な打撃を受けて運行できなくなり、その代用手段として800台以上のバスが導入されたのです。

自動車輸送に対して人々の認知が広まると共に、昭和時代に入ると全国でバス事業が展開され始めますが、日中戦争・大東亜戦争が勃発すると燃料が不足し、バス事業者にとっては苦しい時代が続きます。


しかし戦後は道路整備が進み、またディーゼルエンジンの普及が相まって、重要な輸送手段として定着。

東京都内でも、定期バス路線は毛細血管の如く網の目のように走っており、特に鉄道が放射線状に伸びている中、南北に縦移動するためには都民の足として欠かせない存在です。

現在は車椅子のお客様用に車体が上下に動くバスなどハイテク満載のバスですが、私にとって懐かしいのは、ワンコの顔のように鼻が突き出たボンネットバスと、(↓)のような鞄を肩から下げた車掌さん。


       

美人の車掌さんが 「発車オ~ラ~イ!」ラブラブ なんて色っぽい声で合図するバスだったら、今でも乗りたいですねェ。

もっとも、1960年代から徐々にワンマン化が進み、今では車掌さんが乗るバス路線は殆ど残っていないようですが・・・。

な~んて言っている私・・・実はバスに乗るのが好きじゃない、というより嫌いなんです。

子供の頃から遠足や修学旅行でバスに乗るたびに車酔いで気持ち悪くなったものですから・・・。

それに座席も小さくて長時間乗っているのが苦痛ですし。

極め付きは大学の野球部時代にブラジルへ遠征した際、連日乗ったのが深夜バス。

てっきり列車のように横になれるのかと思ったら、普通の観光バスに枕と毛布がついてるだけ。

16時間以上揺られて目的地に到着しバスを降りた時には、しばらく腰が伸びませんでした
ダメだぁ顔


最後に私と同じくバスに酔いやすい方に、予防策をお伝えしましょう。

まず座席の位置は一番前・後ろは車体の揺れが大きいので避けた方が無難。 一番揺れが少ないのは車輪と車輪の間・・・つまりバスの真ん中がベスト。

また窓から外を眺めるのも視神経が疲れます。 観るならほとんど動かない遠くの景気がいいでしょう。

では、〝バスの日〟に快適なバスのご利用を~!笑2



              人気ブログランキング


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック