FC2ブログ
苦 手


久々に、我らが(?)エネゴリ君の登場です。

先日、彼の店に行った時の事。

食事を終って 「お勘定!」 と言うと、いつもは 「ありがとうございます」 という彼が、

「えっ、もう帰っちゃうんですか?」

と意外な事を。

「なんでョ。」 と聞く私に、彼は

「実は、もうすぐ予約のお客さんが来られるんですけど、ボク・・・その方が苦手なんですょ。」

「どうして?」

「以前、少し塩加減がキツかったらしくて、『しょっぱい!』 ってクレームつけられてから、どうも話しにくくって。」

「そんなの、お前さんの自意識過剰じゃないの?」

「そんなことはない、と思うんですけど・・・。」


「キミ自身が苦手だとか嫌だと思ってると、その気持ちを相手も察するゾ。」

「そういうものなんですか?」

「あぁ、すぐに分かるョ。 お客さんは敏感だからネ。
現に今キミがそのお客さんが苦手だってのが、オレにもビンビン伝わってくるもの。

だいたいキミは思ったことがすぐ顔に出るからナ~。」

           

「じゃあ、どうすればいいんですか?」

「そういう時は、敢えて笑顔で自分から話しかけるといいんだけどナ。」


「いや、それはちょっとボクにはできないです。 

顔が引きつっちゃいますョ。」

「だったら、逆にそのお客さんと目を合わせないようにすれば?」

「いつも、そうしてます。」

「んじゃ、今日もそうすればいいじゃん。」

「いや、それでも話しかけられるから困るんです。」

「それじゃあ無視できないわなァ。
 ところで、何でオレが残らなきゃいけないんだョ。」

ボクの代わりにそのお客さんと話してくれれば助かるなァ~と。」

「アホか。 何でオレがお前さんの代わりに見ず知らずの客と話さなきゃならないんだョ。」

「じゃあ、黙ってていいですから、隣に座っててくださいょ。
そうしてもらえれば、安心して仕事できますから。」

「オレはお前の保護者か? 

ただ横でジッと座っていられるかってぇの。 

もう帰る! じゃあ、ガンバレょ~。」

と、涙目で追いすがるエネゴリ君を振り切って店を出ましたが・・・その後どうなったのやら。

皆さん、何か良い苦手克服法があったら、彼のために教えてくださいまし。あせあせ





            人気ブログランキング


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック