FC2ブログ
♯9910

先日、所用で高速道路を走行中、前を走る車のブレーキランプが一斉に点灯し出しました。

(さては、覆面パトでも走っているのか?)

と思って私も減速したのですが、それが全く別の理由であることが数秒後に分かりました。

それは目の前に現れた電光掲示板。

私は生まれて初めて見た文言でしたが、その橙色の文字を見た瞬間いっぺんに眠気が覚めました。

そこに書かれていたのは、

 『この先 逆走車有 走行注意』

一瞬ギョッとして、それからどうしようか? と考えた私は、

(もし逆走してくるとすれば、相手は左側通行で走ってくるから、追い越し車線を走ってくるはず。 走行車線を走ろう。)

と、一番左側の車線をしばらく走りましたが、周囲のクルマは特段スピードを落とすことなくそのまま走行。 私はしばらくして

(これだけ車が走っていれば、自分にぶつかる前に他の車と衝突するだろう。)

と身勝手に考え直しましたが、幸いにも逆走車と遭遇することはありませんでした。

でも、もしこんな光景を目にしたら、皆さん・・・どうしますか?


   
           ※画像は、JAFの再現VTRからお借りしました。


そして、実際に逆走車に突っ込まれた事故映像を、こちらでご覧いただけます。(※閲覧注意。 かなり衝撃的です。 ↓)

  https://www.youtube.com/watch?v=eA_N0P6Pnos


お互いに時速80㎞で走行していれば、自分が160㎞で走行しているのと同じ・・・相手の動きが読めないのと相まって、ハンドル操作で衝突を避けるのは殆ど不可能であることが分かります。


全国の高速道路(株)各社のとりまとめによると、平成23~25年の車両確保に至った逆走案件541件のうち、約半数はインターチェンジおよびジャンクションで逆走を開始。


認知症の疑いや飲酒が約4割ですが、何と言っても問題なのはドライバーの約7割が65歳以上の高齢者であること。

今後、前述の電光掲示板を目撃する機会は確実に増加するはず。

では実際にその警告を見たら、どうすれば良いのか?

まず私が考えたように、追い越し車線ではなく走行車線(左側)を走行するのが正解だそうです。

また視界を広げ逆走に早く気付くためにも、車間距離を十分とりましょう。

私のように、どうせ前の車に衝突するだろうなんて考えちゃ、いけません。

そして万が一逆走車を目撃したりすれ違ったら、すぐに

♯9910 (道路緊急ダイヤル)

に通報してください。 その一報が、電光掲示板の注意情報にすぐ反映されるそうです。

私が目撃した警告も、もしかしたらこの通報によるものだったのかも・・・。

車を運転される方は、是非〝♯9910〟を覚えておきましょう!


             人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック