FC2ブログ
傾 斜

イタリアを訪れる方なら、この観光スポットは外さないでしょうネ。


 ピサの斜塔

 Torre di Pisa


高さ55.86m、296段の階段があるこのピサ大聖堂の鐘楼が着工したのが、今から843年前の今日・1173年8月9日でした。

この塔、もちろん最初は鉛直(垂直)に建設されていたのですが、地盤の土質が不均一であったため、1178年に第1工期が終了した後に南側が塔の重量で傾き始めます。

第2工期(1272~1278年)はその傾きを修正しつつ建設が継続されたものの、傾斜したまま。

そして第3工期(1360~1372年)でも傾きが修正できず、仕方なく最上階のみ鉛直に造られることに。

本来はもっと高い塔の建設が予定されていましたが、断念せざるを得ませんでした。

また傾いていたおかげで、ガリレオは大小2つの鉄球を落とす自由落下の実験ができたわけですが・・・。

(※ただしこの実験が実際に行われたという証拠はありません。)

         

その後も地盤に薬液を注入するなどの傾き是正が試みられましたが、効果は得られず。

逆に地下水汲み上げによって傾斜がさらに進行し最大5.5度も傾いたため、イタリア政府は1990年から2001年まで観光客ヘの公開を禁止して2001年まで大がかりな改修工事を行い、斜度は3.99度まで持ち直しました。

現在は人数制限があるものの、頂上まで階段を使って登ることができるそうです。

日本の建築技術をもってすれば、この塔を鉛直にすることは可能かもしれませんが、もしそうしたら逆に観光客は激減するでしょうから、今後もこのまま保存することになるんでしょうネ。

さて、こういう傾いた建物というのは滅多にありませんから、きっとこの斜塔はギネスに登録されている・・・と思いきや、今ではもっと傾いている建物がとって変わっているとか。

その建物とは、アブダビに建設された地上160mの超高層ビル

 キャピタルゲート
   Capital Gate

       


このビルの斜度は、何と18度・・・といっても、これは最初からそういう設計で建てられているのです。

もちろんピサの斜塔と違って、建物は傾いていても、フロアは水平。

でも足の下が空間になっているオフィスで、落ち着いて仕事できるんでょうかねェ?

貴方はピサの斜塔とキャビタルゲート、どちらに行ってみたいですか?

私は・・・ピサの方かなァ~。笑2




             人気ブログランキング
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック