FC2ブログ
ラスト・ラウンド <中>
3日後は、2人の思いが通じたかのような清々しい快晴の朝を迎えました。


Bさんは、車でAさんの自宅に寄って奥さんからキャディバックを受け取ると、そのまま病院へ。


Aさんは既に着替えを済ませ、ニコニコして待っていました。


「おっ、気合入ってるネェ。 じゃ、行こうか。」


Aさんは看護師に見送られ、Bさんの運転でゴルフ場へと出発。


平日の東北自動車道下り線は思いの外空いており。コースへは1時間30分程で到着。


早めに着いたのでティーラウンジで一服していると、顔馴染みのマスターが笑顔で声をかけてきました。


「おやっ、Aさん、お久しぶり! 今日はBさんと2人っきりでデートですか? いい天気で良かったですね。」


そういうと、彼はソソクサと厨房へ入っていきました。


(受付の時に顔を合わせた支配人といい、マスターといい・・・妙に忙しそうだな。)


Aさんは思ったかもしれません。


実はゴルフ場の幹部には、予めBさんから事情を聞いた支配人から事の仔細が伝えられていました。


彼らは事情を知っていたからこそ、普段通りに接しようと思っていたのですが・・・いざAさんの顔を見ると、それはあまりに辛く、簡単な挨拶をするのがやっとだったのです。


やがてスタート時間となり、2人は1番ティーへ。


そこには支配人が気を利かせて用意してくれた電動カートと、馴染みのキャディーさんが待っていた。


「おはようございま~す。」


「おはようさん。 今日は2人だけでゆっくり回らせてもらうょ。 よろしくナ。」


とBさん。

「は~い、わかりました。 よろしくお願いします。」


キャディーさんも、精一杯の笑顔でAさんに挨拶するものの、言葉はいつもより少なめ。


「おはよう、よろしく頼むょ。 じゃ、今日は後ろに誰もいないから、 “青マーク” からやらせてもらおうか。」

そう、Bさんはそうするために、敢えて最終組を予約していたのです。


ついこの間まで、何度も月例競技で立ったバックティー・・・。

見慣れたスタートホールの風景が、目の前に拡がります。


        


オナーのAさん・・・久しぶりなのに、いきなりナイスショット!


「おぉっ、スゲェな。 じゃ、こっちも遠慮なくやらせてもらうゼ。」


Bさんも鋭い弾道でフェアウェーをキープ。


さすがは2人とも月例Aクラスで鳴らすシングルプレーヤー。

しかし、Aさんの飛距離は目に見えて落ちていました。 


いつもなら楽々パーオンできるミドルホールなのに、この日は2打では届かず。 サンドウェッジのアプローチでグリーンエッジ近くに3オン。


「さぁ、オマエからだぞ。」


Bさんに声をかけられ、パターをキャディーさんから受け取ったAさんは、約15m程のパーパット。


カップに向けて強めにヒット・・・のはずが、ボールは僅か2m程しか転がらず大ショート。


ダフッたのか?


黙ってボールのそばまで近づいたAさん、アドレスして打ったセカンドパットはまたもや2m弱しか転がりません。


一体どうして?


        


                     ・・・・・To be continued  


               人気ブログランキング


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック