FC2ブログ
竹 島

今日・2月22日は、領土問題で韓国と争いが続いている日本海に浮かぶ島、


 『竹島の日』


です。


これは今から110年前の今日・1905(明治38)年2月22日に、島根県知事が竹島の所属・所管を我が国(島根県)にある旨を閣議決定を経て告示したことに因み、その100周年にあたる2005年に島根県議会が制定したもの。


言うまでもなく、竹島は本来日本固有の領土。


我が国には1779年に初刊された 『改正日本輿地路程(よちろてい)全図』 他、竹島と鬱陵島を朝鮮半島と隠岐諸島との間に的確に記載している地図は多数あり、古くから日本が同島の存在を認識していたことが証明されていますが、一方で韓国が古くから竹島を認識していたという根拠はありません。


 ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-竹島

17世紀初頭には、鳥取藩の町人が幕府から鬱陵島 (※当時の「竹島」) への渡海免許を受けて毎年1回渡航し、あわびの採取やアシカの捕獲、樹木の伐採等に従事していました。


その際、現在の竹島は鬱陵島に渡る船がかりとして利用されており、遅くとも江戸時代初期にあたる17世紀半ばには、竹島の領有権を実質的に確立していました。


ところが17世紀末になって、鬱陵島において漁採に従事する朝鮮人と遭遇するように。


これを契機に、日朝両政府間で鬱陵島の領有権をめぐる交渉が開始され、最終的に幕府は1696年に鬱陵島への渡海を禁止しました。


しかし、竹島への渡航は禁じることはせず、このことからも我が国が竹島を自国の領土だと考えていたことは明らか。



そして前述の島根県知事による告示が行われたわけです。


戦後、日本が朝鮮の独立承認を規定する際には、日本が放棄すべき地域として 「済州島、巨文島及び鬱陵島を含む朝鮮」 と規定。


韓国はこの時、アメリカに対し当該地域の一つに竹島を加えるよう要望しましたが、同国は


「かつて竹島は朝鮮の領土として扱われたことはなく、また朝鮮によって領有権の主張がなされたとは見られない」


と回答し、韓国側の主張を明確に否定。


ところが1952年1月、李承晩韓国大統領は突如 『海洋主権宣言』 を行い、いわゆる 〝李承晩ライン〟 を一方的に設定、そのライン内に竹島を組み入れます。


そしてその翌月には竹島付近の公海上で操業中だった日本漁船が韓国の軍用船に拿捕される『第一大邦丸事件』が発生。


※『第一大邦丸事件』の詳細は、こちらの過去記事をご覧ください。(
< http://ameblo.jp/warmheart2003/entry-11613308485.html
>


その後韓国は竹島に部隊を駐留させ実質不法占拠を現在まで続けており、日韓漁業協定が成立する1965年までの13年間に、韓国によって一方的に抑留された日本人は3,929人、拿捕された船舶328隻、死傷者44人を数えているのです。


      ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-竹島

竹島は一般人が定住するのは困難な島・・・韓国が領有権をいきなり主張・武力行使をするのは、領海の拡大による海洋資源の確保が主たる目的。


韓国は独自の論理で領有権を主張していますが、ならば国際裁判所に訴え出れはいいものを、我が国が1954年から提案している 『竹島領有権問題の国際司法裁判所への付託』 を拒否し続けています。


私たち日本人は戦後半世紀以上に渡る平和を享受したことによって、領土・国益に関して鈍感になっていることは否めません。


半島勢力に侵されている大手マスメディアは殆どこの問題について報じませんが、日本国民は日本海で実際にこういう問題があることを、その経緯を踏まえしっかり考える必要があるのではないでしょうか?扇子






スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック