FC2ブログ
茶 色

今日は、夏の季語として読まれるだけあって暑い時に冷やして飲むと美味しい、多くのご家庭の冷蔵庫に常備しているであろう、


 麦茶の日

なのだそうです。 

6月が麦茶の原料である(六条)大麦の収穫始めであり、また同時に麦茶の季節の始りでもあることから、切りの良い初日・1日を記念日にしたんだそうな。


大麦の種子を煎じて飲む麦茶はタンニン・カフェインなどの刺激の強い物質を含まないため、赤ちゃんにも飲ませられる優しいお茶。

また胃の粘膜を保護したり糖尿病の合併症を防ぐ効果や血液のサラサラ効果、更には抗酸化作用がある健康飲料とも言えます。


        

大麦は約1万3千年前に中近東のチグリス・ユーフラテス川、インダス川流域で栽培が始まったといわれ、日本には約2,500年前の縄文時代末期に伝播したと考えられています。

この大麦を炒って飲み物として利用する風習は平安時代から始まり、戦国武将も愛飲していたとか。

江戸時代には、現在の喫茶店のような〝麦湯店〟が町民たちに麦茶をふるまい、繁盛したのだそうです。

今ではポピュラーになったティーバックは、1963(昭和38)年に煮出し専用タイプを常陸屋本舗が、そして水出しタイプはその2年後に石垣食品が発売を開始。

1980年代にはハウス食品ら大手メーカーが市場に参入。
缶やペットボトル入りの麦茶が発売されたことにより、麦茶の市場は急拡大。

そして今からちょうど30年前の1986年に、全国麦茶工業協同組合がこの記念日を制定した・・・というわけ。

ただ逆にわざわざ煮出し麦茶を作るご家庭は減ったような気もしますが。

我が家は以前、夏の間だけ煮出した麦茶を冷蔵庫で冷やしていましたが、ここ数年は夏場でもできるだけ温かいものを・・・ということで、冷やさずそのまま飲んでいます。

ところで皆さんに質問があります。

実は私、子供の頃冷たい麦茶が大好きで、オフクロが毎日カルピスの空き瓶3本に煮出した麦茶を詰めて冷蔵庫で入れておいてくれたのをガブ飲みしていたんですが・・・砂糖を混ぜた甘い麦茶だったんです。

私の肥満体質は、これが原因だと思っているのですが、そんな甘い麦茶を飲んでいた方、いらっしゃいますか?

今コンビニとか自販機で売っている麦茶は皆無糖のはず・・・ってことは、砂糖入りは我が家だけだった?
うー






               人気ブログランキング


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック