FC2ブログ
局 所

昨年、弁護士が不倫のもつれから元ボクサーに殴り倒された末に局部を切り取られるという事件がありました。


それを報道したマスメディアが、こぞって〝平成の~〟と引き合いに出したのが


  あ べ さだ
 阿部定事件


この本家・本元の猟奇殺人事件が起きたのが、今からちょうど80年前の今日・1936(昭和11)年5月18日のことでした。


この事件の犯人・阿部定は1905(明治38)年に現在の東京都千代田区神田多町で生まれました。

芸者や娼婦として各地を転々としていた彼女が、女中として働き始めた東京・中野の鰻料理店の店主が、後に被害者となる石田吉蔵さんでした。

2人はやがて惹かれあい、男女の仲に。
そして遂に駆け落ち・・・2人は宿泊場所を転々としながら情事に耽ったそうな。

どうも彼はいわゆる窒息プレイが好きで、よく彼女に首を絞めさせたそうですが、5月18日午前2時頃・・・彼女は逆に眠っている彼の首を絞めて殺害。

包丁で彼の性器を切除し、流れ出た血液でシーツと彼の太ももに

〝定、石田の吉 二人キリ〟

と書き、更に彼の左腕に〝定〟と刻みました。

彼女は「具合が悪く寝ているので、午後まで起こさないで」と従業員に言い残して宿を出ましたが、やがて遺体が発見されるに至り、その猟奇殺人事件は新聞によって報じられ世間は大騒ぎに。


そして事件から2日後・・・偽名で品川の宿に泊まっていた彼女は警察に発見され、御用。

その際 「あたしがお探しの阿部定ですょ」 とあっさり認めたことに、逆に刑事が驚いたとか。

           

彼女は、切除した彼の性器を雑誌の表紙に包み、バッグに入れて持ち歩いていました。

(※ちなみにその性器は東京医科大学の病理学博物館で保管され、戦後は一般に公開されたことがあったとか。)

また殺害の動機については、

「私は彼を非常に愛していたので、彼の全てが欲しかった。
 彼を殺せば他の女性が2度と彼に触ることができないと思って殺した。」

「私は彼の頭か体と一緒にいたかった。 

いつも彼のそばにいるためにそれを持っていたかった。」

などと供述。 


彼女は支配欲・独占欲が強いものの普通の女性と変わらないと判断した裁判官は、痴情の縺れからの犯行と判断し、懲役6年の判決を出しました。

彼女は服役後、1941年に〝紀元二千六百年〟の恩赦で釈放。

その後は名前を変えて未入籍ながら事実婚をしたそうですが・・・戦後、現代でいう〝あの人は、今〟のようなマスコミの取材に晒され、同棲していた男性に素性がばれてしまい、破局したとか。

身から出た錆とはいえ、ちょっと可哀想な気もします。

この事件は、その後 『四畳半襖の下張り』 や 『愛のコリーダ』 など様々な小説や映画の題材になりましたが、冒頭に述べた昨年の事件以前にも1
953年・1972年と同様の事件が起きています。

人間の愛憎の深さや怖さは、当事者にしか分からないものですネ。

ところで、この事件を報じる際、新聞各社は随分困ったようです。
それは、彼女が切り取ったモノを何と表現するか?

まさかチ〇ボとかチ〇チ〇とは書けないし、さりとて〇根とか男性器ではダイレクト過ぎる・・・ということで編み出された単語が〝局所〟とか〝下半身〟。

そういう表現は今でも一般的に使われますから、阿部定事件は現代の世にも影響を及ぼしている、といっても過言ではないかも。あせあせ


                人気ブログランキング


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック