FC2ブログ
一日一死

突然ですが、皆さんはサーカスをご覧になったことがあるでしょうか?

残念ながら、私はまだナマで観たことはありませんが・・・以前、日本三大サーカスのひとつ、『木下サーカス』 を拙ブログで取り上げたことがありました。(


     http://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10128673708.html

この過去記事にも登場した4代目社長、

 木下 唯志 

のインタビュー記事が、月刊 『致知』 に掲載されていました。

唯志氏は1950(昭和25)年生まれで、2代目・光三氏の次男。

3代目社長だった兄・三宜氏が病に倒れ、44歳の若さでこの世を去ったため急遽4代目に就任した時、会社には10億円もの負債があったとか。

それ以前には舞台を盛り上げようと自ら空中ブランコに挑戦したものの、練習中に落下して頸椎を痛め、それが元で高熱を出すなど長く後遺症に苦しめられたことも。

先々代に仕えていた古参の社員もいる中、如何にして会社をまとめて行くか?・・・それを考える中で、彼が心の支えとした言葉が〝一日一死〟だったといいます。

            



これは、彼が明治大学在学中に所属していた剣道部の先輩が教えてくれた言葉。 


日々厳しい稽古に明け暮れていた彼に、

「とにかく道場に一歩足を踏み入れたら、今日一日で自分は死ぬんだ」

と覚悟を決めろ、と。

それまでの木下氏は、明日も明後日もこんな苦しい日が続くのかと気が滅入っていたそうですが、この一言で心が救われたといいます。

そんな木下氏が社長に就任して心がけたのは、率先垂範。

社長自らが夏の暑い中でも若手社員と一緒にテントを設営したり客席の組み立てをすることで、立場や理屈抜きで社内の一体感醸成に成功。

先代の兄が気に病んだ負債10億円も、社長就任10年で完済したそうです。

もちろんそれだけでなく、団員のレベル向上のため毎年ラスベガスなどに出かけ、世界最先端のショーを視察することも怠っていないそうな。

そんな日々の努力が実り、今では休日の1日3公演全てで2,000席がすべて埋まるほどの盛況だとか。


一時は次々と解散を余儀なくされたサーカスは今、再び活気を取り戻したようです。

現在木下サーカスは(6月13日まで)大阪花博公演を開催中。

大人3,200円、子供2,200円、指定席はプラス2,000円前後で約2時間のショーを楽しめます。

※詳しくは木下サーカスのHPをご覧ください。(

        http://www.kinoshita-circus.co.jp/


ディズニーランドやUSJに行くよりは割安ですから、ご家族連れで是非〝一日一死〟のパフォーマンスをお楽しみください。

私も東京近郊で公演があれば、一度行ってみたいと思います。




                人気ブログランキング


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック