FC2ブログ
愉 快

今日は、日本を代表するグローバル企業、

 SONY

の創立70周年にあたります。 

創業者のひとり、井深大(まさる)氏(1908-1997)は早稲田大学在学時に発明した〝走るネオン〟がパリ万博で金賞を受賞したエンジニア。

在籍した日本光音工業から出資を受け立ち上げた日本測定器という会社の常務となり、同社で戦時中兵器を開発していた時に、後に共同経営者となる盛田昭夫氏と知り合いに。

終戦後、疎開先の長野県須坂市から帰京した彼は、樋口晃氏らの仲間と共に1945年10月、日本橋・白木屋の3階に『東京通信研究所』を立ち上げました。

そして同研究所の仕事ぶりを紹介した新聞記事を故郷で読んだ盛田氏が井深氏と連絡を取り上京。

1946年5月7日に、『東京通信工業』を設立したのです。

盛田氏の義父であり、戦後直後に文部大臣を務めた前田多門氏が社長に就任し、井深専務・盛田常務の他社員20数での船出でした。


        

         創業当時の盛田常務(26歳・左)と井深専務(39歳)

当初は真空管電圧計の製造・販売からスタートした同社は、1950(昭和25)年に日本初のテープレコードーを開発・販売。

更にその5年後にはトランジスタラジオの製造・販売を開始。
これを海外で販売する際に、〝SONY〟のロゴをつけるように。

これは音を意味する英語の “Sonic ” の語源であるラテン語の“Sonus ”と、小さい坊やを意味する “Sonny ” に由来するとか。

どこの国でも同じように〝ソニー〟と読めて発音できる事を優先に考案したそうですから、当初から世界を舞台にすることを念頭に置いていたんですネ。

その後も1979年に発売された 『ウォークマン』 は爆発的大ヒットを記録。
若者のライフスタイルを変える程のインパクトを与えました。

ニホンザルがイヤホンをつけてジ~ッと音楽に聴き入るテレビCMも、実に印象的でしたネ。

個人的にソニーに関する印象的な出来事が、2つあります。

ひとつは家庭用ビデオデッキにおける〝ベータ・VHS戦争〟。

ちょうど私が社会人になる前後に起きた、家電メーカーを2分したこの戦争・・・職場でもどちらのデッキを買うべきかで意見が分かれ、飲み会の席でもよく先輩社員と論争したものです。

結局、私はVHSを買ったんですけどネ。あせあせ

それからもうひとつは、かつて私が在籍していた保険業界への進出。

私が社会人になる直前にソニー生命が誕生しましたが、更には1999年にソニー損保を設立。

家電メーカーが畑違いの保険業界に進出してきたのには驚きましたが、現在も存続しそれなりのシェアを持っているんですから、さすがです。

また現在では当たり前となっている〝執行役員制度〟もソニーが日本で初めて導入するなど、とにかく同社の独創性と先見性には何度も舌を巻いたものです。

そして私が同社の一番好きなところ・・・それは、創業当時同社が設立目的の第一に掲げた、

『真面目ナル技術者ノ技能ヲ最高度ニ発揮セシムベキ 自由豁達ニシテ愉快ナル理想工場ノ建設』

という文言。

おそらく現在の上場企業の中で、社是に〝愉快〟という単語が入っている会社はないのでは?


          

               現在のソニー本社(東京都港区港南)


創業当初からヒット商品を次々開発していた時は、実に愉快な職場だったのでしょう。

しかし創業から70年を過ぎた同社は、現在総従業員数13万人超・連結売上約8兆2,000億円という超巨大企業に成長したものの、ここ数年経営不振に喘いでいます。

ゲーム分野にも手を広げ、確かにお客さんは愉快な思いをしているでしょうが、社員の皆さんは苦しんでいるのかも。

モノづくり日本を象徴する同社が再び元気になるためには、今一度創業当時の原点に立ち返る必要があるのかもしれません。

消費者がアッと驚くような新製品が、ソニーから生み出されることを心待ちにしています。扇子



              

                   人気ブログランキング


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック