FC2ブログ
多 弁

何年も住んでいれば、家のそこかしこにガタが来るのは当たり前。

我が家のガスコンロも、15年も経つと天板の汚れも落ちずパッキンのゴムもヨレヨレ。

(掃除をさせられて・・・いや、していたのは私なのに)それを見た女王様からは、「もう、交換したら?」 という鶴の一声が。

ってことで、東京ガスさんに連絡して、ビルトインコンロを入れ替えました。(


  


当たり前といえば当たり前なんでしょうが、ガスコンロも随分と進化しているんですネ。

最近の電化製品が矢鱈と喋ることは皆さんも感じていらっしゃると思います。

安い電気ポットでさえも、「オユガワキマシタ」 なんて言うくらいですから。

しかしガスコンロまで喋るようになったとは、知りませんでした。
それも、うるさいくらい・・・。

まず電源を入れると、「デンゲンガ、ハイリマシタ。」
切ると、「デンゲンヲ、キリマシタ。」

それに各コンロのスイッチを操作するたびに、「ミギコンロ、シヨウチュウデス」 等々、一々喋ること喋ること。

前のコンロは、スイッチを入り切りする際に〝ピッ、ピッ〟という電子音が鳴るだけでしたから、鬱陶しく感じてしまいます。

・・・と言いつつ、「はいはい」とか「分かってるョ!」 って返事している自分に気がつきましたけど。うー

更に驚いたのが、コンロ中央下にあるグリル。

昔のコンロだとトレイに水を入れて魚を焼きましたが、今時のは水を入れないで両面焼きが出来るんですネ~。

今までのクセでうっかり水を注いじゃいそうで、怖いです。

それにスイッチも、実に多種多様。(

        



前のコンロは、単に火加減の〝強〟と〝弱〟だけだったのに、魚も自動で焼き上げる機能までついているんですねェ。

もうガスコンロというより、電子レンジ・・・喋ることと合わせ、やはり高齢化社会を意識した作りになっているようです。

というより、操作が複雑で使いこなせません。

鍋やフライパンを乗せる〝五徳(ごとく)〟もコンパクトで取り外しも簡単。

に表面もガラスコーティングされて格段に掃除もしやすくなった新しいガスコンロですが・・・ひとつだけ、不満が。

これも安全対策なのでしょうが、五徳の上に何も置かないと

「コンロニ、ナベヲオイテクダサイ」

と警告されてしまい、火が点かないんです。

海苔が炙れないじゃないか~!怒




スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック