FC2ブログ
白 光

今日は現代人にとって、これなくしては生活できない必需品・・・すなわち

 電気記念日

なのだそうです。

由来は、今から138年前の今日・1878(明治11)年3月25日に、日本で初めて公式の場で電灯が灯されたから。


この直前、富国強兵・西欧化を急ぐ政府(工部省電信局)は、万国電信連合に加盟するために東京・木挽町(現在の銀座)に電信中央局を設置。

その開局祝賀会をこの日に東京・虎ノ門の工部大学校(現・東大工学部の前身)の講堂で開催しました。


大臣・各国公使などのVIP150名以上が集まり、盛大に行われたこの祝賀会の目玉イベントとして工部卿・伊藤博文がイギリス人のエアトン教授に命じたのは、講堂の天井に設置した(1855年にフランスで発明された)ディボスク式アーク灯を点灯することでした。


失敗が許されない大役を引き受けた教授は、グローブ電池50個を使い見事に成功!

           


上の画像は東芝科学館に所蔵されているアーク灯の復元品を点灯したものですが、ガス燈が日本で初めて大阪造幣局周辺で点灯してからまだ7年しか経っていない当時・・・この眩いばかりの白光は人々の眼にはそれこそ太陽のように映ったことでしょう。

更に民間人が初めてこの白光を目にしたのは、この4年後。

東京電灯会社が銀座2丁目にあった大倉組の中に創立仮事務所を置き、事務所の前に設置した宣伝用のアーク灯を灯したのは、それから4年半後の1882年11月。

この時の様子を、新聞は 「見物の群集は市街に満ち」 と報じたそうですから、さぞ物凄い群衆が押し掛け、文明開化の灯を目撃したことでしょう。

ところがこのアーク灯には、多量の電池が必要でかつ調整が難しく、また紫外線を発するので目に悪いという欠点が。

しかし科学は日進月歩。

日本で初めてアーク灯が都心で輝いてからわずか1年後、あのエジソンが白熱電球を発明。

これが日本にも輸入され、アーク灯はその役目を終えることに。

思い起こせば5年前・・・東日本大震災直後に起きた福島第一原発事故により、国内の原発はほぼ全面ストップ。

計画停電が行なわれ、節電がブームになりました。

しかし今、当時のように真剣に日々節電を心掛けている方、どれくらいいるのでしょう。

電気記念日の今日、私達はあらためて〝初心〟に立ち帰るべきではないでしょうか?電球



スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック