FC2ブログ
子 役

芦田愛菜ちゃんや寺田心くんなど、今までお茶の間で人気を博した子役は何人もいますが、おそらくこの人ほど長きにわたって多方面で活躍した方はいないでしょう。 

と言っても、若い方はピンとこないかもしれませんが・・・今日は、その

 シャーリー・テンプル 

  Shirley Jane Temple


の命日・三回忌にあたります。


銀行員だった父の3番目の子(兄2人)として1928年にカリフォルニア州サンタモニカで生まれたシャーリーは、小さい時から音楽なダンスが大好き。

それを見た母親がメグリン・ダンス学校に入学させると、4歳の時から短編映画に10本以上も出演。

栴檀は双葉より芳しということでしょうか・・・彼女に目を付けたフォックス・フィルム(現・20世紀フォックス)が彼女と7年契約を結び 『歓呼の嵐』の準主役として出演、高い評価を受けます。


        


その後主役として 『可愛いマーカちゃん』・『ベビイお目見得』 に主演すると、これを観た当時のF・ルーズベルト大統領が

「大不況の最中、国民が映画で見るシャーリー・テンプルの笑顔に励まされ苦労を忘れられることは素晴らしい。」

とコメント。 彼女は僅か6歳にして映画界の大スター・・・というよりも、アメリカの救世主となりました。


撮影前に登場人物全てのセリフを暗記し、決してNGを出さず1回の撮影で監督を満足させ、しかも遅刻せず予定より早めにスタジオ入りしたという、驚くべきこの天才子役は、同年にアカデミー賞特別賞を受賞。

彼女のために特別に小さなオスカーが用意されたそうですから、如何に人気があったかがうかがえます。

※ちなみにこの6歳の受賞はアカデミー賞の最年少受賞記録として未だ破られていません。


フォックス社の大物プロデューサー、S・ゴールドウィンは 「シャーリーはいくつになっても素晴らしい才能を発揮するだろう」 と予言したそうですが、それは見事に的中。

その後 『シャーリーの~』と冠せられた映画シリーズに何本も主演し、ゲーリー・クーパーら一流俳優と共演した彼女は大統領やFBI長官らと会うほどになり、子役だけでなく10代の若手女優としても活躍。

         



17歳の時に、大手食品メーカー創業者の孫で同級生の兄だった軍人と結婚。

しかし夫の性格と酒癖に問題があり、結婚生活は僅か4年余りで破綻。

その後時を経ず、彼女は1950年12月にチャールズ・ブラック海軍少佐と再婚。

この際フーバーFBI長官は国民的ヒロインが2度と結婚に失敗しないよう部下に徹底した少佐の身上調査を命じたそうですが、その結果問題なしと判明。

そんなお墨付きをもらったブラック少佐ですが、12年間映画を観なかったために彼女が大スターであることを知らず。

またシャーリーも彼が大企業パシフィック・ガス電機会社々長の次男だったことを知らなかったことで、後に〝おとぎ話のよう〟と言われたこの結婚は、2人に末永い幸せをもたらしました。


3人の子宝に恵まれた彼女は育児に専念。

末娘が3歳になって手がかからなくなると、主婦業の合間を縫って1958~61年にかけ当時の一流スターをゲストに迎えた子供向け番組 『シャーリー・テンプル・ストーリーブック』と『シャーリー・テンプル・シアター』 のホスト役兼主役として出演。


         


更に1980年代に入ると、彼女が子役として出演していた映画がカラー化されてテレビで再上映され、こちらも高い視聴率を記録。

現在でもクリスマス当日に彼女の作品が流され続けているといいます。

そんな彼女の活躍は、映画界だけに留まりませんでした。

小さな時から大統領や有力政治家と交流のあった彼女を政界が放っておくわけはなく、結婚後共和党の活動に参加していた彼女は、同党が政権を獲っていた時期に国連代表メンバーや人権問題などのアメリカ代表として会議に参加。

1974~76年にかけて駐ガーナ大使を務めた他、エジプトとイスラエルの和平や中国の国連加盟に尽力し、その功績を以って1987年にはアメリカ史上初の名誉外交官の称号を授与されています。

単なるお飾りではなかったことが、これでお分かり頂けるでしょう。

         



また実業界においても、かつて父親が勤務していたカリフォルニア銀行やバンク・オブ・アメリカ、更にはデルモンテやウォルト・ディズニー・カンパニーの重役も務め、実績を上げた彼女が85歳で天に召されたのは、2014年2月10日。


その日、アメリカ全土は深い悲しみに沈んだといいます。

単なる子役だけで終わることなく、映画界・政財界で長く活躍したアメリカン・ヒロインの冥福を、あらためてお祈り致します。

さぁて、これから何十年か先・・・芦田愛菜ちゃんが外交官や政治家として活躍する日がやってくるのでしょうか?あせあせ




スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック