FC2ブログ
鬼 母


最近は、我が子を虐待するばかりか、殺してしまう母親がいますが・・・昔は、こんな鬼母がいました。

          ◆     ◆     ◆     ◆

少年は両親の愛情をいっぱいに受けて育てられた。
殊に母親の溺愛は近所の物笑いの種になるほどだった。

その母親が姿を消した。
庭に造られた粗末な離れ。 そこに籠ったのである。 

結核を病んだのだった。

近寄るなと周りは注意したが、母恋しさに少年は離れに近寄らずにはいられなかった。

しかし、母親は一変していた。

少年を見ると、ありったけの罵声を浴びせた。
コップ・お盆・手鏡と手当たり次第に投げつける。

青ざめた顔、長く乱れた髪・・・荒れ狂う姿は鬼だった。

少年は次第に母を憎悪するようになった。
哀しみに彩られた憎悪だった。

そして少年の6歳の誕生日に、母は逝った。

「お母さんにお花を」と勧める家政婦のおばさんに、少年は全身で逆らい決して柩の中を見ようとはしなかった。




父は再婚した。 少年は新しい母に愛されようとした。
だが、だめだった。 
父と義母の間に子供が生まれ、少年はのけ者になる。


少年が9歳になって程なく、父が亡くなった。 やはり結核だった。
その頃から少年の家出が始まる。


公園やお寺が寝場所だった。 
公衆電話のボックスで身体を二つ折りにして寝たこともある。

そのたびに警察に保護された。

何度目かの家出の時、義母は父の遺品を処分し家を畳んで蒸発した。

それからの少年は施設を転々とするようになった。
13歳の時には知多の少年院に入る、いっぱしの札付きだった。

ある日、その少年に面会者が現れた。
泣いて少年に柩の中を見せようとした、あの家政婦のおばさんだった。

彼女はなぜ母が鬼になったかを話した。
死の床で、母はおばさんにこう伝えたと・・・。

「私は間もなく死にます。 あの子は母親を失うのです。
幼い子が母と別れて悲しむのは、優しく愛された記憶があるからです。
憎らしい母なら死んでも悲しまないでしょう。

あの子が新しいお母さんに可愛がってもらうためには、親だ母親なんか憎ませておいた方がいいのです。
その方があの子は幸せになれるんです。」

少年は話を聞いて呆然とした。

自分はこんなに愛されていたのか。
涙がとめどもなくこぼれ落ちた。

札付きが立ち直ったのは、それからである。

                   『心に響く小さな5つの物語』(致知出版社・刊)より





スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する