FC2ブログ
遺 産

以前拙ブログでもご紹介した、論語普及会・学監を務めておられる

  い  よ  た さとる 
 伊與田 覺 先生

7歳にして『論語』の素読をして以来、100歳になられた現在まで『論語』を学び教えてこられた先生の特別講話が、月刊『致知』2月号に掲載されていました。

その中から先生が師と仰ぐ安岡正篤先生の言葉とそれに関連した訓話を、以下に
編集・抜粋にてご紹介させていただきます。

          
          ◆     ◆     ◆     ◆


相続にもいろいろあり、親子の血筋というものは切っても切れない永遠のものといえるでしょう。

しかし血筋の継承以外に、〝心の継承〟というものもあります。

今日の家族相続には、財産など物の継承についてはどこでも取り沙汰されますが、残念ながら心の継承というものが取り上げられることは甚だ少なくなりました。

私が以前著した『安岡正篤先生からの手紙』(致知出版社・刊)には、私が安岡先生からいただいた200通にも及ぶ手紙の一部をご紹介しています。

       

中でも一番真に迫ってくるのは、先生が戦後公職追放を受け、それまで心血を注いで運営してこられた金鶏学院や日本農士学校を解散させられ、生きて死の宣告を受けたような不遇の時期の親筆です。

安岡先生ばかりではありませんでした。

それまで日本を牽引してこられた方々が20万人以上も公職追放と称して社会的に抹殺に近い扱いを受けました。

ですから戦後の日本というのは、ゼロからではなくマイナスからの出発だったのです。


そこで普通の創業者以上の苦労をしたのが、その後を継承し、戦後の日本を牽引した世代でした。

この人々の活躍によって日本は奇跡的な復興を果たし、1964(昭和39)年には東京オリンピックを挙行し、更にその6年後には万国博覧会まで開催されました。

有色人種の中で、戦争に敗れて僅か20年前後でそうした世界的な大典を実施した例はありません。

白人優先であった国際社会の中で、どん底に蹴落とされた日本が奇跡のように立ち上がることができたのは、追放の憂き目に遭った世代の後を受け戦後世代が日本の復興に邁進した結果と言えるでしょう。


万国博覧会では、松下電器産業(現・パナソニック)が5,000年後に開くタイムカプセルを展示して大きな話題になりました。

        


あのエジプト文明でも今は遺跡を残すに止まっており、世界にいまだかつて5,000年も続いた文明はありません。

現在その奇想天外なタイムカプセルは大阪城の中に保存されています。

それが西暦6970年にどのような形で開かれるかは、今を生きる私たちが如何に先人の心を継承していくかにかかっていると言えましょう。

          ◆     ◆     ◆     ◆

心の遺産を残す・・・素晴らしい言葉だと思いませんか?

躾や道徳、歴史教育等々は本来家庭で行うべきもの。

子々孫々の繁栄を願うなら、心の遺産こそ後世に伝えるべし・・・資産がない私のような人間でも、その気になれば立派な置き土産が残せるわけです。

これぞ相続税もかからない、最高の遺産ですょネ。扇子





スポンサーサイト



コメント
コメント
万博へは私も行きましたが、5000年後へのタイムカプセルは初耳です。
何と壮大な計画か。
何が入っているのか知りたいと同時に、受け取った人たちの反応を知りたいですね。
受け取れる人がいればの話ですが。
2016/01/06(水) 22:05:54 | URL | ミドリノマッキー #- [ 編集 ]
◇ミドリノマッキーさん
コメントありがとうございます。
万博当時、私は小学生でしたが、クラスの1/3くらいは大阪に行ってましたネ。
しかしながらウチはお金がなくて行けず・・・同級生が月の石を見てきた話を得意げにしていたのを、唇を噛みながら聞いてました。(_ _;
タイムカプセルの中身は、確か新聞に公表されましたので、ネットで調べれば出てくるかも。
しかし当時はどんな最先端のテクノロジー製品であったぬとしても、5,000年後の人間には石器みたいなものなんでしょうネ。
2016/01/07(木) 19:04:10 | URL | ナベちゃん #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック