FC2ブログ
結 社

クリスマス・イブに相応しくないかもしれませんが、全くキリスト教と関係ないとはいえない話題です。

アメリカにおける陰の歴史ともいえる、人種差別を肯定し黒人に対して憎悪をむきだしにする

 クー・クラックス・クラン
     Ku Klux Klan

俗に KKK と呼ばれる、この白人至上主義を標榜する秘密結社が設立されたのが、今からちょうど150年前の今日・1865年12月24日のこととされています。

この日、南部連合の奴隷商人であり退役軍人だったネイサン・B・フォレストという人物によって、テキサス州ブラスキに設立されました。

この珍しい響きの結社名の由来は

◆ 名前の由来はギリシャ語の “kuklos (円環、集まりの意) ” の転訛と、英語の“clan (氏族、一族)“ を合成・変形させた合成語。


◆ 銃に弾丸を装填する擬音から

という説があるそうな。


フォレストは一兵卒として入隊しながら南北戦争末期に将軍にまで昇進したという、非常に稀な経歴の持ち主・・・それだけ軍人としては図抜けた才能があったのでしょう。


しかし設立当時は私たちがイメージする先鋭的な人種差別支持団体ではなく、あくまで退役軍人のサロン的なものだったとか。

それがやがて合衆国政府の占領統治への反対という政治的な活動を始め、更には奴隷解放反対も運動に加えられるように。

そしてある時、白い布で作った装束で黒人居住区を練り歩くと、黒人たちが彼らの集団に恐れをなして家に逃げ込みました。

当初は単なる嫌がらせ行為だったのですが、その様子を見たKKKのメンバーは味を占めて繰り返しこの示威行動を取るように。

設立から4年後、創立者のフォレストは当初の目的から外れて暴力化していったことに嫌気し総司令の座を辞し解散を宣言。


しかし他のメンバーは活動を続け、南部の人種差別主義者が続々と結社入りし会員数は増加の一途を辿りました。


        

そして20世紀初頭になるとW・J・シモンズという白人の伝道師により〝第2のKKK〟が誕生。


〝アメリカは予言によりキリスト教徒に約束された地。 白人のみがアダムの子孫であり、唯一魂を持ち一切の罪を犯していない、神に選ばれし民として他の人種からは隔離されるべき。〟

と主張する彼らは更に先鋭的で、黒人のみならず有色人種全体、更にはカトリック教徒・共産主義者の排撃をも主張。

これが白人貧困層の支持を集め、組織は拡大すると共に暴力的に。


1923年にはオクラホマ州だけで2,300件以上の暴行事件を引き起こしましたが、その勢力は政治的にも影響力を持つまでに発展。


インディアナ州ではKKK会員が州知事になったばかりか、信じられないことにトルーマン大統領も嘗ては会員だったとか。


しかしそんなKKKにも、衰退の時が訪れます。

1925年、結社の指導者的立場だったD・C・スチーブンソンなる人物が女性教師を拉致・強姦し全身を噛み、逃げ出した女性が死亡するという事件を引き起こします。

スチーブンソンが逮捕・起訴され終身刑に処せられたことで、KKKのイメージは大きく悪化。

この事件の起きたインディアナ州では、事件前に18万人もいた会員が、数年で4,000人まで激減。

他州も同様で、一気に結社の活動は沈静化していきました。

しかし現在でも、KKKは水面下で活動を続けているといわれています。

kKKの活動に関しては様々な映画やTVドラマで取り上げられていますが、私が最も印象に残っているのは、J・ハックマンやW・デフォーが出演しアカデミー撮影賞を受賞した 『ミシシッピー・バーニング』(Mississippi Burning 1988年公開)。

        


南部の強烈な人種差別の様子を描いた作品ですが、時代設定は公民権運動最中の1964年。

最も活動が激しかった1920年前後は、これより酷かったはず・・・そう思うと、ゾッとします。

全国組織としては1927年に崩壊しているとはいえ、地域別に水面下で(名前を変えて)活動は続いていると言われ、21世紀に入ってもマスメディアからネオナチと連携したとする報告もなされています。

(人種)差別や弱者に対するイジメは、ある種人間の自己防衛本能の為せる業。

そう簡単には無くならないようです。うー




スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック