FC2ブログ
覚 醒

今日は、一冊の新刊書籍をご紹介します。  

 『余命三年時事日記』 (青林堂・刊)

という、一風変わったタイトルの本なのですが、著者が医師から余命3年と告げられてから一念発起して〝余命初代〟氏が書き綴り始めたブログ記事を書籍化したもの。

余命ブログの前身は、2011年から始まった学生主体の日本人覚醒プログラム。

そして途中から〝余命初代〟氏が加わり、没後の2014年からは既出記事の拡散と遺稿記事の出稿を余命プロジェクトとして引き継いだもの。

延べ1,400万人、1日あたり約4万人・13万pv、ソネットブログ約30万の中で年間50回以上アクセスランキング1位になった、超人気ブログの過去記事から、厳選・集約したのが、この書籍というわけ。


私自身がこのブログの存在を知ったのは、残念ながら〝余命初代〟氏が亡くなった後でしたが、その記事の内容には多々驚かされました。

それ故に今回の出版は楽しみにしており、4日前の発売日当日に入手し早速読了した次第。


        

当ブログ及び書籍の記事内容は、主として韓国及び日韓関係に関するもの。

書籍の文面は、ブログ記事よりも表現を穏便にしているそうですが、それでも初めて読む方には、かなり刺激的だと思います。

過去、わが日本が韓国に対しどれだけの資金を投入しているか、また所得税・住民税の減免や生活保護などの〝在日特権〟がいかに手厚いものであるかが、お分かりいただけるでしょう。

具体的な数字は〝在日特権〟でネット検索していただければより明確に分かりますが、一例を上げると在日コリアンに対しては (職の有無に関係なく) 平均して月約17万円の生活保護費が支給されており、この年間総額が何と約2兆3千億円!驚き顔

マスコミが軽減税率の報道を連日繰り返していますが、そんな差額などフッ飛ぶくらいの血税が注ぎ込まれているのです。


またマイナンバー制度に、隠れた効用があることも・・・。

ご存じない方は、その内容をすぐには信じられないかもしれませんが、それらは殆ど事実だと私は思います

その理由として、当ブログは一度コリアン勢の圧力によって閉鎖された過去があること。

もちろん反日左翼マスメディアも、この出版に関しては完全に黙殺しています。


つまり彼ら半島勢力にとって、当該ブログや書籍の記載内容には日本人に知られては困る〝不都合な真実〟が満載であることを、逆に証明していると言えるのです。

そしてこの書籍の出版動機がネットユーザー以外の日本人にその蓄積した情報を拡散することだったそうですが、当初多くの大手書店では取り扱いがなされず、ネット通販(それもア〇ゾン)のみでしかすぐ手に入りませんでした。

私もア〇ゾンで購入しましたが・・・発売前・直後から今朝時点に至るまで、売上総合ランキング1位。

その注目度の高さが伺えます。


その勢いを見極めたからか、当初取り扱わなかった書店やネット通販業者が徐々に取り扱いを始め、注文を受けつけるようになっているとか。

全く現金なものですが、良い傾向ではありますネ。

マスメディアが垂れ流す情報は表面的かつ都合よく操作・編集・捏造されたものであり、彼らが報道しない情報の中にこそ、真実が隠れているといえましょう。

この書籍を通して、〝余命初代〟氏が願った如く一人でも多くの日本人が覚醒して欲しいものです。

因みに、当該ブログは現在復活しています。
興味のある方は、こちらからアクセスしてください。(


         http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/




  


今日は、一冊の新刊書籍をご紹介します。  

 『余命三年時事日記』 (青林堂・刊)

という、一風変わったタイトルの本なのですが、著者が医師から余命3年と告げられてから一念発起して〝余命初代〟氏が書き綴り始めたブログ記事を書籍化したもの。

余命ブログの前身は、2011年から始まった学生主体の日本人覚醒プログラム。

そして途中から〝余命初代〟氏が加わり、没後の2014年からは既出記事の拡散と遺稿記事の出稿を余命プロジェクトとして引き継いだもの。

延べ1,400万人、1日あたり約4万人・13万pv、ソネットブログ約30万の中で年間50回以上アクセスランキング1位になった、超人気ブログの過去記事から、厳選・集約したのが、この書籍というわけ。


私自身がこのブログの存在を知ったのは、残念ながら〝余命初代〟氏が亡くなった後でしたが、その記事の内容には多々驚かされました。

それ故に、今回の出版は楽しみにしており、4日前の発売日直後に入手し早速読了した次第。


        

当ブログ及び書籍の記事内容は、主として韓国及び日韓関係に関するもの。

書籍の文面は、ブログ記事よりも表現を穏便にしているそうですが、それでも初めて読む方には、かなり刺激的だと思います。

過去、わが日本が韓国に対しどれだけの資金を投入しているか、また所得税・住民税の減免や生活保護などの〝在日特権〟がいかに手厚いものであるかが、お分かりいただけるでしょう。

(具体的な数字は、〝在日特権〟でネット検索していただければより明確に分かります。)

またマイナンバー制度に、隠れた効用があることも・・・。

おそらく読んだ後は、ちょっと信じられないかもしれません。

しかし、それらは殆ど事実だと私は思います

その理由として、当ブログは一度コリアン勢の圧力によって閉鎖された過去があること。

もちろん反日左翼マスメディアも、この出版に関しては完全に黙殺しています。

つまり彼ら半島勢力にとって、当該ブログや書籍の記載内容には日本人に知られては困る〝不都合な真実〟が満載であることを、逆に証明していると言えるのです。

そしてこの書籍の出版動機がネットユーザー以外の日本人にその蓄積した情報を拡散することだったそうですが、当初多くの大手書店では取り扱いがなされず、ネット通販(それもア〇ゾン)のみでしかすぐ手に入りませんでした。

私もア〇ゾンで購入しましたが・・・発売前・直後から、売上総合ランキング1位。

その注目度の高さが伺えます。


その勢いを見極めたからか、当初取り扱わなかった書店やネット通販業者が徐々に取り扱いを始め、注文を受けつけるようになっているとか。

全く現金なものですが、良い傾向ではありますネ。

マスメディアが垂れ流す情報は表面的かつ都合よく操作・編集・捏造されたものであり、彼らが報道しない情報の中にこそ、真実が隠れているといえましょう。

多くの方にお読みいただき、〝余命初代〟氏が願ったであろう一人でも多くの日本人が覚醒して欲しいものです。

因みに、当該ブログは現在復活しています。
興味のある方は、こちらからアクセスしてください。(


         http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/




  


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック