FC2ブログ
大人買い

2013年10月、拙ブログでベルリン・フィル創立100周年記念のCD・BOXを、そして翌月にはウィーン・フィルの交響曲全集のCD・BOXをそれぞれ購入した、とご報告しました。

それぞれ54・50枚、計104枚のCDを全部聴くまで1ヶ月超かかりましたが、それ以降2年間はクラシック音楽のCDは買わず仕舞い。

そろそろ禁断症状(?)が出始めた、そんな私の心をくすぐるCD・BOXが3ヶ月前に発売されました。

それはカラヤンの指揮したオペラ全集。

元々〝カラヤンの本領はオペラ〟と言われていましたが、以前は彼のオペラCDだと大抵2,3枚組で価格も5,000円以上と高く、手を出しませんでした。

しかし今回のセットは70枚組で約21,000円、つまり1枚300円で手に入る・・・でもやっぱり2万円は高いかナ~、と散々迷った挙句、遂に通販サイトの購入ボタンをポチッと押してしまいました。

でも人間の悲しい性(?)というか、誘惑に弱いというか・・・一度箍(たが)が外れると、抑えが効きません。

これを購入した時、通販サイトの画面には更にカラヤンのオススメCD・BOXが次々と表示され、それを見てしまうと片っ端から欲しくなってしまったんです。

以前から販売されていることは知っていながらも、我慢して手を出さなかったBOXを

(ここで買わないと、2度と手に入らないかも・・・。)

という恐怖心(というか焦り?)も手伝って、「えいやっ」 とばかりに買っちゃいました。(

     


カラヤンのベルリン・フィルやウィーン・フィルを中心とした演奏を1960年代・70年代・80年代毎にまとめたBOX3箱に、右下のオペラで計4箱。

左下は80年代の蓋を取った中身ですが、井桁型にCDがギッシリ詰まっているのがお分かりいただけると思います。

これら4セットでCDの総枚数は、312枚。


おそらく今までに購入したCDの枚数とほぼ同数だと思いますし、その中の30枚以上がダブってもいます。

でも、それは仕方のない事というか全く気になりません。

私にとっては、約40年前の中・高校生時代にお小遣いを貯めては2ヶ月に1,2枚、当時2,500円前後と高価だったカラヤンのレコードが、当時と同じ黄色い縁取りのドイツ・グラモフォンの懐かしいジャケットで、ほぼ1/10という超安値で手に入るんですから。

まさに大人買い? いや、爆買い? ・・・それとも、バカ買い?

でも、私にも一応自制心はあるんですョ。

実はもう1セット、同じカラヤンの1938~60年という若き日の録音CD・BOX70枚組があったんですが、それは買わなかったんですから~。あせあせ


この4セットの総演奏時間は、約270時間。

今年中に全部聴けるかどうか・・・。

今後の拙ブログ記事は、しばらくの間このCDを早朝から聴きつつ書いていると思ってください。


・・・あっ、もちろんこの買い物、女王様には内緒です。

一度に10万円もCD購入に使ったのがバレたら・・・。節分



スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック