FC2ブログ
識 別


昔のスーパーでは、レジ係の女性が一つ一つの商品の値段を打ち込んで精算をしていましたが、今ではバーコードで〝ピッ〟と読み取るだけ・・・本当に便利になったものです。

今日は、その

 バーコードの日

なんですって。


コレがアメリカで特許として認められたのが、今日・10月7日だったことに因むそうですが・・・さて皆さん、それは何年前の事だったと思いますか?


なんと63年前の1952年。


私が生まれる前だったなんて、ちょっとビックリ!驚き顔 ヘェ~

その3年前の1949年に、B・シルバーとN・J・ウッドランドという、2人の大学院生が開発しました。

線の太さによって数値や文字の情報を1次元のコードに変換し、機械がデジタル情報として入・出力しやすくする画期的な識別方法だったのですが、残念ながら即実用化とはならなかったようです。


当時から週単位でまとめ買いする顧客が多く、スーパーのレジで精算に手間取り長蛇の列ができるのが当たり前だったアメリカでは、その解消法を模索し続けていました。


そんな中、ちょうどコンピューターが普及し始めた1967年・・・大手小売チェーンのクロガー社が、商品にバーコード・タグをつけてコンピューター入力する方法を実用化。


これが一気にアメリカ全土に広がり、1973年にはアメリカフードチェーン協会等がバーコードに関して統一規格〝UPC Universal Product Code )〟を定めるに至ります。


アメリカでの成功を見た各国もすぐさま追随。


1977年にイギリス・ドイツ・フランスなどが欧州共通の〝EANEuropean Article Number )〟を制定。

日本は1978年に国際EAN協会に加盟し、現在は独自の〝JAN Japanese Article Number )〟コードを使用しているとのこと。
      





大抵の商品に印刷されているバーコード・・・現在は宅配便の配達や健康診断での受診者識別など、その利用は多方面にわたっています。

ちょっと面白いところでは、
皆さんが持っていらっしゃる預金通帳にもバーコードが印刷されているのをご存知ですか?


どこに入っているか、ちょっと通帳を開いてみてください。


さて、このバーコード・・・決して機械が瞬間識別するだけでなく、私たち消費者にも利点があるのです。

それは、バーコードの下に表示されている数字。

一般的に左から2(または3)桁が国コード、次の5桁がメーカー・コード、次の5桁がアイテム・コード、そして一番右がチェックデジットすなわち間違い防止用・・・全部で13桁から構成されています。

私たちに役立つのは、その左の2~3桁で産地国がすぐ分かること


主だったところでは、

◆ 日本製・・・・45 or 49


◆ アメリカ製・・00、03、05、06など最初が〝0〟の場合多し。

◆ 韓国製・・・・880

◆ 北朝鮮製・・867

そして、食品偽装や異物混入など様々な問題が噴出している問題の中国製は、


【690~695】 (例




        ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草


どうぞ、「ロクでもない」 と記憶してくださいネ!あせあせ 


※ただし原産地が中国でも加工地が日本だと45・49の場合があるので、包装の原産地表示も合わせて確認してください。

また冷凍食品など加工食品には原産地の表示義務がありません。

逆に言えば、そういう商品の多くには安い中国産が使われていると思った方がいいでしょう。


数日前にTPPが妥結しましたが、今後日本の農業を守るためにもバーコード表示を参考に出来る限り国産品を選んで買いたいものです。扇子





スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する