FC2ブログ
さんだん <下>

う~ン・・・と唸った後にエネゴリ君の出した答えは、こうでした。

「サンダンっていうんだから、ジャキッ、ジャキッと2回スライドを動かした後にズドンッて撃つ銃のことなんじゃないですか?」

彼はどうやら〝3段(階の)銃〟だと思ったようです。

私はすぐに答えを教えるのをやめて、更に聞きました。

「あはは、伊東のハトヤじゃあるまいし・・・じゃあさ、もうひとつ聞くけど、『長篠の合戦』って知ってる?」

「あっ、それは知ってます。 ボク、歴史好きなんですョ。」

「へぇ~、そうなんだ。 じゃあ、誰と誰が戦ったか分かるょネ?」

「えぇ、もちろん。 織田信長と・・・」

「おぉ、正解。 正確には、徳川家康との連合軍だけどネ。 
で、相手は?」

「う~んと、武田、武田・・・信玄!」

「ブ、ブ~。 惜しい! 正解は、その息子の勝頼。」

「あっ、そうでした。 しまった~。」

「まぁ、キミにしちゃあ(?)上出来。 


ところで、その 『長篠の合戦』 で、信長が武田の騎馬隊に仕掛けた鉄砲の三段撃ちっていう戦法で勝ったことは知ってる?」

「あっ、はい。 知ってます。」


        

「じゃあ、その三段撃ちって、どんな戦法なのョ。」

「さっき言った通り、一発撃つのにスライドを2回動かしたんじゃないですか?」

と大真面目に答えたから、大笑い。

「あのなぁ、安土桃山時代にスライド付きの銃なんてあるわけないだろうが! 火縄銃だぞ、ヒ・ナ・ワ・ジュ・ウ。」

「あっ、そうか。 じゃあ、腹ばいと、片膝と、立って撃つのとで3段?」

「まぁ、さっきのスライドよりはマシな答えだけど、ハズレ。
正解は、撃ち手を3チームに分けて交代で攻撃したんだョ。
それで騎馬隊が簡単に自陣に近づけないようにしたんだ。
もっとも、これは史実じゃないっていう学者もいるけどネ。」

「なるほど~、そうだったんですか。 信長って、あったまイイ!」

そりゃそうだろうョ。

「で、渡辺さん。 サンダンジュウって、どんな銃なんですか?」


「それは、自分でパソコン検索して調べるんだネ。
 私ゃもう笑い疲れたから、帰る。」

えぞ鹿のパイ包みを食べ終わって席を立ちながら、私は彼に言いました。

「いやぁ、今日も楽しかったョ。 おかげでまたブログネタが増えたし。

今日の話で、上・下2日分の記事が書けそうだョ。」

それを聞いたエネゴリ君、怪訝そうな顔をして私にこう言ったんです。

「えっ、上・中・下じゃないんですか?」

「どうして?」

「だって、3段の話でしょ?」


・・・・・おあとがよろしいようで。笑2





スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック