FC2ブログ
救 助

我が国のすぐ隣には反日国が2,3ありますが、反対に親日国は東南アジアだけではなく世界中に沢山存在しています。

その中でも特筆すべきは、トルコ。

この国が親日国になったきっかけとなったのが、今から125年前の今日起きた


 エルトゥールル号遭難事件

でした。


1887(明治20)年に小松宮ご夫妻がイスタンブールを訪問した答礼として、当時のオスマン帝国は航海訓練を兼ねて木造フリゲヘート艦・エルトゥールル号を日本に派遣します。  

     


約11ヶ月の後悔を経て1890(明治23)年6月に横浜港へ到着した同号は、オスマン・バシャ司令官が明治天皇に皇帝親書を手渡すと、オスマン帝国初の親善訪日使節団として歓迎を受けました。

長旅で船員からコレラ患者も出たため、長らく停泊していた同号は、9月15日に横浜港を出港し、帰路に。

この時、日本側は船の老朽化などから台風シーズンの出航を見合わせるよう進言したものの、母国の事情等があり、同号は出発を強行・・・結局、これが仇となってしまいます。

出航翌日の16日午後9時頃、折から接近してきた台風の強風に煽られた同号は、紀伊半島南端に位置する紀伊大島・樫野埼付近の岩礁に激突・座礁。


        

         地図最下部・右側が紀伊大島 その右端が樫野埼


 機関部に進水し水蒸気爆発を起こし、午後10時30分頃に沈没、バシャ司令官を含む乗員600人以上が海に投げ出されてしまいました。

生存者の内約10名が樫野埼灯台の下に流れ着き、数十mの絶壁をよじ登って灯台守に救助を依頼。


        

           現在の樫野埼灯台 この岸壁を登った!?


言葉は通じなかったものの、国際信号旗でオスマン帝国軍艦の遭難を知った灯台守は大島村(現:串本町)民にこれを伝えると、住民たちは総出で捜索・救助を行います。

この時村人は台風のため漁に出られなかったため食糧の蓄えも僅かだったにも関わらず、卵やサツマイモ。更には非常食用の鶏も供出して乗組員を開放したとか。

その結果、残念ながら587名は死亡・行方不明になったものの、69名が救出されたのです。


このニュースを聞いた明治天皇は政府に出来る限りの援助をするよう指示し、新聞でこの事件を知った国民からは多額の義捐金が寄せられたといいます。


そして生存者は日本海軍の『比叡』と『金剛』に乗せられ、翌1891年1月に無事オスマン・トルコに送り届けられました。


この一連の救助活動が同国の新聞によってトルコ国民に伝えられたことが、日本(人)に対して親近感を持つきっかけになったのです。


更にその後日露戦争で日本がロシアに勝利すると、その圧政に苦しんでいたトルコ人はますます日本に好印象を抱き、日本海海戦のヒーロー・東郷平八郎元帥の名を取って、子供に〝トーゴー〟という名を付ける親が続出したといいます。

同国の小学校では、今でもこの事件を教科書に掲載して子供たちに教え、その恩義を忘れないように努めているとか。

その恩返しをしてくれたのが、今からちょうど30年前・1985年3月に起きたイラン・イラク戦争による日本人の救出作戦への協力でした。


※詳細はこちらの過去記事をご覧ください。 (
  
http://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10730543283.html


トルコ人が昔の恩義を忘れずにいてくれたおかげで、何百人という日本人の生命が守られた・・・といっても過言ではありません。

私はこのエルトゥールル号の遭難・救出事件を学校で教わった記憶はありませんが、幸いにも現在では一部の教科書に掲載されるようになったとか。

恩義・情けは日本人が誇るべき徳性・・・30年前のイラン在留邦人脱出劇共々、こういう史実はしっかりと学校で教えなければなりません。

私たちは、近くの反日国より遠くの親日国を大事にすべきなのですから。扇子


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック