FC2ブログ
未 遂

今でも厳しい報道管制が敷かれ、内情が詳しく伝わってこない中国ですが、その秘密主義国家の近代史に於いても最大のミステリーといわれている

  りんぴょう

 林彪事件


が起きたのは、今から44年前の今日・1971(昭和46)年9月13日のことでした。


事件の主役・林彪は日中戦争・国共内戦で毛沢東の片腕として活躍、1966年には中国共産党唯一人の副主席となり、翌年の共産党大会において毛沢東の後継者に認定された人物。


自らの腹心も何人か政治局員に選出され、地盤を固めました。


   

           毛沢東                  林 彪

しかし空席となっていた国家主席のポスト廃止に反対したことで、彼は毛沢東から野心を疑われることに。


更にはソ連と対立を深める一方でアメリカに接近を試みる毛沢東に対し、林彪はあくまでもアメリカ敵視の姿勢を崩さなかったことで、毛沢東は林彪一派の粛清を開始。

これに対抗すべく、林彪の息子で空軍作戦部副部長だった林立果が中心となって毛沢東の暗殺計画を立案。


地方視察中の毛沢東が乗った列車を爆破しクーデターを起こす 『五七一工程紀要』 を作成します。


そして公然と林彪を批判するようになった毛沢東の暗殺を決意した林彪は、1971年9月8日に爆殺計画を実行に移そうとします。


ところが、その計画が毛沢東側に漏れてしまい、彼は鉄道路線を変えて爆破・暗殺は未遂に終わります。

驚くべきは、この暗殺計画を周恩来に密告したのが林彪の娘・林立衡だったこと。

実の父をなぜ売ったのか?

彼女も文化大革命の影響を受け、毛沢東を裏切るものはたとえ肉親であっても許すまじと思った・・・と言われますが、もしそうだとすれば思想教育の怖さを思い知らされます。

9月12日に暗殺が未遂に終わったことを知った林彪は、夫人・葉群、息子・林立果、それに側近を伴って人民解放軍所有のイギリス製旅客機で河北省の空軍基地から亡命先のソ連に向けて13日深夜に強行離陸。


ところが、その飛行機はモンゴル人民共和国国内に墜落。

林彪らバイロット・乗員の総勢9名全員の死亡がソ連によって確認されました。 


     
                    墜落現場


墜落原因については


 ①燃料切れ ②機内での発砲 ③ソ連による撃墜説


が囁かれましたが、墜落現場には広範囲にわたって火災が発生しているとから燃料は十分搭載されていたことが判明しており、また検証の結果機体および遺体からは弾痕や爆撃の痕跡は見つかりませんでした。

おそらくレーダーをかいくぐろうと低空飛行していた際の操縦ミスと思われますが、それでも偶然にしては出来過ぎというか疑問は残ります。


当然の如く、このクーデター未遂及び墜落事故に関して中国は1年近く公表しませんでした。


何故林彪は当時中国と犬猿の仲だったソ連に亡命を企てたのか? 

また、なぜソ連が遺体の確認をしたのか?

これについては、1939年から3年間林彪夫妻が病気療養の名目でソ連に在住しており、その際にモルヒネ漬けにしてソ連のスパイに仕立てたという説があるのです。

(実際林彪はモルヒネ中毒であり、毛沢東もそれを知っていました。)


その事実を知られたくないがゆえにソ連側は急いで遺体を確認・埋葬し、墜落死の事実を公表しなかったというのですが・・・真相は如何に?

この事件に関しては、現在も存命している林立衡や林立果の婚約者、更には林彪のボディガードがそれぞれに事件に関して証言を行っていますが、食い違いがあって真相ははっきりしていません。


          
                林立衡 (近影)


事件当時の毛沢東は78歳でかつ重病でしたから、彼より14歳年下の林彪は黙っていれば遠からず№1の座につけたはず・・・なのに、なぜ焦ってクーデターを起こそうとしたのか?

JFK暗殺と林彪墜落死という東西2つの暗殺(?)事件の真相は、永遠に謎のままかもしれません。

ただ、『五七一工程紀要』に記されている林彪の

「彼(毛沢東)は真のマルクス・レーニン主義者ではなく孔孟の道を行うものであり、マルクス・レーニン主義の衣を借りて秦の始皇帝の法を行う、中国史上最大の封建的暴君である」


「彼の社会主義とは実質的には社会ファシズムである。 彼らは中国の国家機構を一種の相互殺戮・相互軋轢の肉挽き機に変え、党と国家の政治生活を封建体制の独裁的家父長制生活に変えてしまった」


という毛沢東評は、ある意味的確に実態を捉えていると申せましょうか。

いずれにせよ、中国における権力闘争の闇は限りなく深いようです。うー




スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック