FC2ブログ
風 速

今年もまた台風シーズンがやってきました。

地球温暖化の影響があるのでしょうか、近年台風の勢力が強くなってきている気がします。

被害ができる限り少なくて済むことを祈るしかありませんが・・・その台風情報で最も気になるのは風速。

よく天気予報で気圧と共に報じられるのが〝最大風速〟ですが、我が国で過去観測された最大風速は、なんと


 毎秒69.8m


これが記録されたのが、今からちょうど50年前の今日・1965(昭和40)年9月10日・・・場所は台風23号の直撃を受けた台風銀座・高知県室戸岬。

これ、時速に直すと251km・・・まるで新幹線並み。

いかに凄まじい風力だったか、想像するに難くありません。

なお、これはあくまで平地での日本最高記録。
山頂を含めた日本記録は、1942(昭和17)年4月5日に富士山で記録された毎秒72.5m。

更に最大瞬間風速になると、平地では1966(昭和41)年9月5日に沖縄県宮古島での毎秒85.3m、山頂ではやはり富士山で同じく1966年9月25日に記録された、秒速91.0m。

当然と言えば当然ですが、いずれも台風シーズンの9月に集中していますネ。


ところで皆さん・・・普段あまり気にしませんが、この〝最大風速〟と〝瞬間最大風速〟って、どう違うかご存知でしょうか?

子供にそう聞かれたら、感覚的には分かったつもりでも、いざ説明するとなると言葉に詰まったりして。

実は私もそうだったので、ちょっと調べてみました。

まず〝風速〟とは、10分間の平均風速。
次に〝最大風速〟とは、その10分間平均速度の最大値。
更に〝瞬間風速〟とは、風速計の測定値(0.25秒間隔)を3秒間平均した数値。


そして私たちがもっとも気になる〝最大瞬間風速〟とは、その瞬間風速の最大値のことなのだそうです。

これまで私は、最大瞬間風速とはその名の通り風速計が計測した最も早い速度の〝瞬間〟数値だと思っていたんですが、3秒間の平均値の最高だったんですネ。

つまり突風は除外されるということでしょうか?


         


さて、数字で示されても、具体的にそれがどの程度の強さなのかがよく分かりませんょネ。

以下に、その具体例を・・・。

秒速 10~15m  風に向かって歩きにくい。 傘がさせなくなる。

 〃 15~20m  風に向かって歩けない。 小枝が折れる。
             車も通常速度での走行が困難に。 

 〃 20~25m  物につかまっていないと立っていられない。
             車の運転は困難。

 〃 25m~    立っていいられない。車の運転は不可。
             30m超になるとトラックも横転する。

・・・だそうです。 とすると、50年前の69.8mってどんな風だったんでしょうネ。 ちょっと想像できません。

皆さんは強風に関して、何か恐怖体験はありますか?

私は20年程前に、某地方都市のマンション3階に住んでいた際、物凄い強風でベランダ側のサッシが内側にしなって開けられなくなったことがあります。

これ以上強く吹いたら窓ガラスが割れるんじゃないか・・・と、ビヒリました。

あっ、それからもうひとつ。

小学生の頃、修学旅行で新潟の直江津に行った時、海から吹く強風に向かって石ころを投げたらブーメランのように自分のところに戻ってきて当たりそうになったことが忘れられません。

あの時って、、一体秒速何mだったんだろう?

因みに陸上における最大瞬間風速は、1999年にアメリカ・オクラホマ州で発生した竜巻による秒速142.2mだとか。

これって、時速に直せば512km・・・リニアモーターカーの先頭に括りつけられているようなもの。

人間も牛も空中に舞い上げられちゃうんでしょうネ。うー





スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック