FC2ブログ
野 菜

今日は8月31日・・・ということで、

 野菜の日

なのだそうです。 1983(昭和58)年に全国青果物商業協同組合をはじめとした関連組合9団体が制定したとのこと。

確かに分かりやすい語呂合わせですが、そのココロは・・・まぁ多分、野菜を沢山食べてほしいという願いが込められているんでしょうネ。

健康のために野菜をたくさん食べるべきだということは、皆さんも感覚的には理解されていると思います。

では具体的に1日どれくらい食べればいいのでしょう?


厚生労働省の指針では、15歳以上で1日350g (内緑黄色野菜は120g) 以上の摂取が必要とのこと。

では350gとはどれくらいかというと・・・口で説明するより、画像で見ていただいた方が分かりやすいでしょう。(


  

パッと見、結構な量ですょネ。

某民間企業の調査によると、この1日350gの目標値は過去10年以上達成しておらず、また十分野菜を食べていると思っている女性でも、その4割以上が実は野菜不足だった・・・という調査結果が出ているそうな。

「煮れば2倍は食べられる」 なんてCMが昔ありましたが、生で野菜サラダを食べるだけでなく、夏場でも何らかの熱処理をして食べる習慣をつけないと、野菜の摂取量は意外と少ない・・・と言えましょうか。


さて、ここで野菜に関するクイズをひとつ。

次の作物は、野菜・果物どちら?

 ① メロン  ② スイカ  ③ トマト  ④ イチゴ

いかにもヒッカケ問題っぽいですが、お分かりでしょうか?

正解は・・・とその前に、そもそも野菜と果物の違いは何か、というところから始めましょう。

実はこれ、明確な定義はないんですって。驚き顔


ざっくりとした区別としては、『木になる(※木本性)のが果物で、そうでないのが野菜』 あるいは


『多年生が果物で、一年生が野菜』 fなどと一般的に言われますが、農林水産省の定義だと、野菜とは


 ◇ 田畑で栽培されていること
 ◇ 副食物(※米・麦・芋などは除外)
 ◇ 加工を前提としないもの(コンニャク等)
 ◇ 草本
(地上部は通常1年以内に開花・結実・枯死し、茎は木化せず肥大成長しない)性であること


なのだそうな。

とすると、クイズの答えは、①~④全てが野菜ということになります。

※ただしイチゴは多年生木本植物であり、定義に従えば果物なのですが、実際には毎年苗を植え直して栽培し直すため、実態としては野菜という微妙な立ち位置。


一方文部科学省から出されている 『日本食品衛生分科表』 では、逆に①~④すべてが果物に分類されているそうな。

こういうところにも、お役所の縦割り体質の弊害が・・・?うー


まぁ細かいことは抜きにして、普段の食事では野菜・果物を今まで以上に多く摂ることを心がけましょう!


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック