FC2ブログ
熱 戦

夏の風物詩、全国高校野球選手権大会・・・いわゆる〝夏の甲子園〟が、3日後の8月6日に開幕します。

全国の予選を勝ち上がった代表校が深紅の優勝旗を目指して連日熱戦を繰り広げ、地元の代表校や贔屓の学校の応援に力の入るファンも数多くいらっしゃることでしょう。

さて、この夏の甲子園の第1回が開催されたのが1915(大正4)年ということで、今年が100周年という節目の年にあたります。

(※但し1942~45年は戦争のため中止されたため、今年は第97回大会になります。)

ということで、以前からNHK等では100周年を記念して過去の名勝負等の特集番組を放送していましたが、私も3日程前にコンビニで偶然同様の特集をしたスポーツ雑誌 『Number』 誌を見かけ、思わず買ってしまいました。

       


〝百年の青春〟・・・なかなか上手いコピーじゃないですか。

中身は、過去の甲子園大会での名勝負ベスト100をアンケートで選出したもの。

さて皆さんなら、いつ・どの試合をベスト・ゲームとして選ぶでしょうか?
これは皆さんの出身地や年代によって様々だと思いますが・・・。


同誌の集計結果では、第1位は表紙でお分かりの通り、2006年の決勝戦・・・延長・引き分け・再試合となった早稲田実業-駒大苫小牧戦。

もう解説するまでもない熱戦でした・・・が、残念ながら私はこの試合を選べません。

なぜなら、生中継を観ていないから。

1981年に社会人になって以降、夏の甲子園は殆ど生中継で観ていないんです。

唯一憶えているのは、仕事をサボッて喫茶店で観戦した1984年の準決勝・・・1年生のKKコンビ率いるPL学園と、阿波の金太郎・水野投手率いる〝やまびこ打線〟が自慢の夏・春に続き甲子園3連覇を目指した池田高校の激突。

また今や伝説となりつつある延長18回の死闘・・・1969年の決勝戦・松山商-三沢は、小学生だった自分が野球やりたくてグラウンドに出て行ったため、観ていないんです。ダメだぁ顔

生中継を観た中でのベスト・ゲームは、1979年の三回戦・簑島-星陵の延長18回の激突でしょうか。

この一戦に関しては過去記事にしていますので、ここでは省略させていただきます。(

  http://ameblo.jp/warmheart2003/entry-11521055346.html


そして個人的に最も記憶に残っているのは、1973年の2回戦・・・〝怪物〟江川投手擁する作新学院とその年優勝した銚子商業の〝雨中の決戦〟。

あの江川投手が、押し出し四球でサヨナラ負けした一戦です。

「怪物が負けるわけがない」・・・そう思って応援していた私は、最後の1球が高く外れた瞬間のショックを、今でもはっきり憶えています。

上記で取り上げた試合、同誌には全てベスト100の中に選ばれていましたが・・・皆さんの選んだ試合は、どうでしょうか?

あっ、そうそう。 このアンケート結果の他に、〝天才スラッガー〟の名をほしいままにし、未だ破られていない夏の甲子園通算本塁打記録9本を誇る清原和博氏と、名将といわれた中村順司氏の〝PL師弟対談〟も非常に面白いです。

高校野球ファンの方、必読ですョ!野球ボール

           

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック