FC2ブログ
規 制

今からちょうど70年前の今日・1950(昭和25)年6月1日・・・私たちに今でも大きな関わりのある法律、

 電波三法

が施行されました。 


その3つの法律とは、

① 電波監理委員会設置法

これはその名の通り電波監理委員会の組織について規定したものですが、1952(昭和27)年4月のサンフランシスコ条約調印により主権回復したことで、廃止されています。

② 電 波 法

電波の公平かつ能率的な利用を確保することによって、公共の福祉を増進することを目的とする法律で、現在でも適用されています。

そして、これが我々国民にとって最も身近というか関係が深い法律と言えましょう。

③ 放 送 法


同法は、放送を公共の福祉に適合するように規律し、その健全な発達を図ることを目的としています。

特に重要なのは、以下の第四条。 


『放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。 』


1.公安及び善良な風俗を害しないこと。
2.政治的に公平であること。
3.報道は事実をまげないですること。
4.意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

誰が読んでもごもっとも・・・だと思うのですが、これが4年ほど前に注目を集めました。

当時の高市総務相が3月の衆院予算委員会で、放送局が政治的な公平性を欠く放送を繰り返したと判断した場合、放送法第4条違反を理由に、電波法76条に基づいて電波停止を命じる可能性に言及したからです。

※放送法第76条・・・総務大臣は、免許人等がこの法律、放送法若しくはこれらの法律に基づく命令又はこれらに基づく処分に違反したときは、3箇月以内の期間を定めて無線局の運用の停止を命じ、又は期間を定めて運用許容時間、周波数若しくは空中線電力を制限することができる。


この発言に対し左翼メディアは激しく反発。


やれ 「言論統制だ」、「政府の横暴だ」などと反発し、テレ朝やTBSのキャスターらが記者会見まで開きましたが・・・皆さんは、どう思われるでしょうか?


       

私は高市総務相の発言は法律に則った至極まともな発言であり、むしろそれに色めき立つメディアの方がおかしいと思います。

法律上公平かつ様々な意見をできる限り放送するのは当然ですし、それに違反したら罰則を加えることは法に定められているのですから。

それを批判するのは、自分たちがそうしていないという自覚があるからでしょう。

記者会見したキャスターたちは、『放送法遵守を求める視聴者の会』 から公開討論を申し込まれても、逃げの一手。

もはやその時点でジャーナリストを語る資格などない、と私は思います。

テレ朝やTBSなどの左翼メディアは政権批判に重点を置いたり、街の声も野党支持のものばかり集めて垂れ流しているんですから、公平性なんてあったもんじゃありません。

そういう放送局には上記電波法第76条とはいかずとも、以下の放送法の罰則を科すべきでしょう。


第174条・・・総務大臣は、放送事業者(特定地上基幹放送事業者を除く。)がこの法律又はこの法律に基づく命令若しくは処分に違反したときは、三月以内の期間を定めて、放送の業務の停止を命ずることができる。


あるいは、放送法を廃止して、世界的には標準化している電波オークションの導入をすべきかと。

そうすれば、民放だけでなく反日左翼化が著しいNHKも規制することができますから。

しかし放送局には、放送法があるだけまだマシ。

問題は、新聞。 
何故なら、新聞にはこういう法規制がないんです。

つまり、新聞社や記者の方針・思想を好きなように書けるし、反論を併記しなくても、更には捏造記事を掲載しても罰せられません。

未だに 「新聞は公正中立で、ウソは書かない」 と信じている方がいらっしゃるようですが、はっきり言ってそれは妄想ですョ。 うー

              人気ブログランキング 

スポンサーサイト



コメント
コメント
この放送法の記事直下からこちらのブログレイアウトが違くなっているのですが、
やつらの仕業でしょうか?(^^;
2020/06/03(水) 15:51:16 | URL | はーとまいんど #- [ 編集 ]
◇はーとまいんどさん
コメントありがとうございます。
言われてみて確認したら、確かに記事が重なるようになってますネ。
でも記事自体消されたわけじゃないんで、奴らの仕業ではないと思いますが・・・。(??)
2020/06/03(水) 23:27:20 | URL | ナベちゃん #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック