FC2ブログ
紳 士

私のような昭和オヤジ世代にとって、映画『007』シリーズのジェームズ・ボンドといえば、この方のイメージが強いはず。


今日は、そのイギリス出身の俳優


 サー・ロジャー・ジョージ・ムーア
        Sir Roger George Moore

の命日・没後3周年にあたります。

       

ムーア(本名同じ)は1927年に警察官の息子としてロンドンで生まれました。

1940年代にエキストラとして映画出演していた彼は、第二次世界大戦中イギリス軍の娯楽舞台に所属。

除隊後に大部屋俳優となり、モデルやステージ・マネージャーなどもしていたとか。

そんな彼の運命を好転させたのは、渡米。

1950年代に米テレビドラマ出演を続け、1954年にMGMの契約俳優となると、1962年に英テレビシリーズ 『セイント 天国野郎』 の主役を務めてから有名に。


後に第5代ボンド役を務めたピアーズ・ブロスナンにとって、このドラマに出演するムーアは、最高のヒーローだったそうな。

そして彼の代表作と言える冒頭の 『007』 シリーズには、1973年公開の第8作 『死ぬのは奴らだ』 から登場。

実は当初原作者のフレミングが望んだ初代ボンド役は、ロジャー・ムーアだったのだそうな。         


完璧なクィーンズ・イングリッシュを話し、原作通りの長身(185cm)でブルーの瞳、物腰の柔らかさと気品が滲み出る姿はボンドのイメージにピッタリだったから。 


しかし当時ムーアは前述の『セイント』シリーズの契約が残っていたため出演できず。


代役としてムーアが製作者側に紹介したのが、S・コネリーだったとか。

ボンド役として売り出して世界的な俳優となったコネリーにとって、ムーアはまさに恩人といえましょう。


そして1985年公開の第14作 『美しき獣たち』 まで12年間、現在のところ歴代ボンド役としては最も多い7作品に出演した彼は、世界的名優として認知されました。

       

ただ反面、ムーア=ボンドというイメージが強くなり過ぎた感もありましたが、現在のボンド役・ダニエル・クレイグのような体育会系ではなく、会話にジョークがありボンドガールとの絡みも多い〝紳士〟たるムーア・ボンドは、確実に007シリーズの人気上昇に貢献したはず。

私生活に於いても4度結婚していますから、さぞモテたんでしょうネ。

007シリーズ以外てば、『キャノンボール』(1980年)や 『ピンクパンサー5』(1983年)などにも出演し、2003年にはナイトの称号も授与されました。

来日時には 『笑っていいとも』 にも出演して、お得意のジョークで会場を沸かせた彼がガンにより89歳でこの世を去ったのは、2017年5月23日のことでした。

       

今宵は彼の出演した007シリーズを観ながら〝3代目ボンド〟の冥福を祈りたいですが、皆さんはどの作品がお好きでしょうか?

私はちょうどその作品のロケが行われた翌年に野球でブラジル遠征し、あのジョーズと死闘(?)を演じたローブウェイに乗ったこともあって、『ムーンレイカー』 がお気に入りなんですが・・・。


       

              人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック