FC2ブログ
呼 称

皆さんは、いわゆる〝先の戦争〟を何と呼んでいらっしゃるでしょうか?

おそらく多くの方が 『太平洋戦争』 と仰っていると思います。
学校ではそう教えていますし、私もそう習いましたから。


しかし現在、私は敢えて

 大東亜戦争

と表記・表現しています。

その主な理由としては、今から78年前の今日すなわち真珠湾攻撃の直後である1941(昭和16)年12月12日に、この呼称を正式に閣議決定しているから。

※その閣議決定の内容は、こちら。

今次戦争ノ呼称並ニ平戦時ノ分界時間ニ付テ閣議決定


                       (昭和十六年十二月十二日)


一、今次ノ対英米戦争及ビ今後情勢ノ推移ニ伴ヒ生起スルコトアルベキ戦争ハ、 支那事変ヲモ含メ大東亜戦争ト呼称ス


二、給与、刑法ノ適用等に関スル平時戦時ノ分界時期ハ、昭和十六年


     十二月八日午前一時三十分トス   [以下略]

つまり、アメリカ・イギリスとの開戦前の支那事変まで遡って大東亜戦争とする決定を下したのです。


       

ちなみに大東亜という単語は、1940年7月に第2次近衛内閣で閣議決定された基本国策要綱に初めて登場し、同年8月1日に松岡洋祐外相が『大東亜共栄圏』という用語を始めて使った談話を発表しています。

その松岡外相は、その『大東亜共栄圏』を日本・満州・支那・仏領インドシナ・蘭領東インドも含めた範囲と説明し、大東亜戦争とは、〝欧米諸国によるアジアの植民地を開放し、アジアの独立を目指すという大義を掲げた戦争〟という意味合いが込められていました。

しかし終戦後の1945年9月19日には『プレス・コード』が発令され、マスコミに対し大東亜戦争や八紘一宇など戦時用語の使用を禁止に。

 ※プレス・コードに関する過去記事は、こちら。(↓)



そして同年12月8日から、朝日新聞ら全国紙において連続10回に渡って 『太平洋戦争史』 というGHQの戦争史観を掲載宣伝。

これが歴史の教科書にそのまま引き継がれていったのです。


更に12月15日、GHQは発令した 『神道指令』 の中で公文書でも使用禁止とし、大東亜戦争は太平洋戦争に書き換えさせられました。

この太平洋戦争はアメリカが使用していた“The War in the Pacific ”の和訳であり、多分に日本側がアジアの開放を目指した戦争だという主張を消し去る狙いがあったものと思われます。


    

これによって新聞・テレビからは大東亜戦争という文字が消え、サンフランシスコ条約が発効して占領下から脱したにもかかわらず、そのまま太平洋戦争という呼称を使い続けています。

このような経緯から、私は我が国で定めた呼称に戻すべきと考え、現在でも拙ブログでは敢えて大東亜戦争と表記しているのです。

「そんなの、どっちだって構わないだろう」


と言う方も少なからずいらっしゃるでしょうが、私はそうではないと思います。

例えば祝日の表記も然り。

かつては『紀元節』だった2月11日を『建国記念の日』としているのはまだしも、『天長節』だった11月3日を『文化の日』、更には『新嘗祭』であった11月23日を『勤労感謝の日』とその祝日本来の趣旨をボカしたのは、明らかに日本古来の神道を否定するためであり、これらもアメリカのWGIPの名残り・・・ですから、旧来の表記に戻すべき。

このままだと、時と共に本来の歴史と伝統が人々の記憶から消え去ってしまうのは、必至でしょう。

日本を取り戻すためには、こういう事から取り戻さないと・・・。
うー


              人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
わかりました! 私もこれから
大東亜戦争 と呼びます。
2019/12/12(木) 22:17:59 | URL | はーとまいんど #- [ 編集 ]
◇はーとまいんどさん
コメントありがとうございます。
是非とも、そうしてください。(*^^)/
2019/12/13(金) 04:06:35 | URL | ナベちゃん #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック