FC2ブログ
6頭身

日本人女性で、コレを見たことも触ったともないという方は、おそらく殆どいらっしゃらないでしょう。

なぜって、現在まで累計5,000万個も売れたそうですから・・・その商品とは、

 リカちゃん

〝永遠のヒロイン〟ともいえるこの着せ替え人形が発売されたのが、今から48年前の今日・1967(昭和42)年7月4日のことでした。

製造・販売元は株式会社タカラ(現タカラトミーの前身)。

1955(昭和30)年創業の同社は、1960年にビニール製の人形『ダッコちゃん』が240万個を得る大ヒットを飛ばして急成長。

そして同社・佐藤安太社長が次なる戦略として目を付けたのが、着せ替え人形でした。

当時はアメリカから入ってきたバービー人形などが人気を博しており、佐藤社長はそれを更に発展させて人形の住む家を作ることを思いつきます。

そしてその家のサイズを考えて、人形の大きさをバービー人形の30cmから21cmとサイズダウン。

同社の開発陣は小学生から意見を聞くなど周到かつ綿密な市場調査を実施し、それを元に満を持して発売したのが、リカちゃんと彼女の住むドリームハウスでした。


           

              <初代リカちゃん>


タカラ社はヒット間違いなしと踏んでいたそうですが、その予想は見事的中。

1体600円のリカちゃんと980円のドリームハウスは飛ぶように売れ、2年後には販売量で先行していたバービー人形を追い抜きました。

なぜそれ程の大人気となったのか?・・・その理由は、

 ◇ 金髪・8頭身の欧米型ではなく、日本人に近い6頭身。
 ◇ 色白で目が大きくて瞳に星が輝く、少女マンガのヒロイン仕様。 

などがあげられます。 

また人形なのに、そのキャラクターを具体化したことも大きかったのでしょう。

 ◆ 本  名 : 香山 リカ (※女優・香山美子さんと加山雄三さんから 

 ◆ 誕生日 : (なぜか発売日の7月4日ではなく)5月3日
 ◆ 年  齢 : 11歳(小学校5年生)
 ◆ 星  座 : おうし座
 ◆ 身  長 : (21cmではなく)142cm
 ◆ 趣  味 : お菓子作り

こういった具体的な設定は少年たちに人気だった怪獣図鑑をヒントにしたそうですが、それ以外にも彼女はハーフで36歳の父親・香山ピエールがフランス人音楽家、33歳の母親・香山織江がファッションデザイナーという、これまた少女コミックから抜け出てきたような設定。

女(の子の)心を徹底してくすぐっていますょネ。

もちろんその設定や仕様は時代と共に変化していますから、今後も人形では唯一タレント名鑑に掲載されたというリカちゃんが女の子の必携アイテムであり続けることでしょう。


もっとも、草食男子・肉食女子が増殖中の昨今では、男の子がこの人形遊びをする時代が近い将来やってくる・・・かも?うー



スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック