FC2ブログ
太神楽

もういくつ寝ると・・・の時期になりました。

お正月というと、初詣や松飾りなど様々な恒例行事がありますが、芸能界の風物詩といえば


 海老一 染之助・染太郎 兄弟

の伝統芸能〝太神楽(だいかぐら)〟でした。

彼等の 「おめでとうございま~す!」 をテレビで観ると、お正月が来たという実感が湧いたものです。

しかし現在、その伝統芸をナマで楽しむことはできません。
盛り上げ役だった兄・染太郎さんは既に2002(平成14)年に他界し、今日は曲芸担当の弟・染之助さんの命日・三回忌にあたりますから・・・。


       

海老一兄弟(本名:兄 村井正秀 弟 村井正親)は、落語家・三遊亭圓駒の子として東京・新宿区に生まれました。

終戦直後の1945年9月に二代目海老一海老蔵に入門した2人は、コンビを結成。

翌年12月に新宿末広亭で海老一勝太郎・小福の名で初舞台を踏むと、1949年に染之助・染太郎と改名し、太神楽を披露。

1960年には旧ソ連で初の海外公演を行うと1965年には米ABCテレビにも出演。

1988年から約半年間 『笑っていいとも』 にレギュラー出演するなどしましたが、やはり彼らの姿を多く見かけるのは、お正月。

各局をハシゴして何度も傘の上で枡を回したり口にくわえた棒に土瓶を乗せるというワンバターン芸(失礼!)を披露していましたが、不思議と何度観ても飽きませんでした。


       

 「弟は肉体労働、兄は頭脳労働、これでギャラは同じ」


という定番ギャグの通り、染之助さんばかりが芸を披露していましたが、実は兄・染太郎さんも芸が出来たとのこと。

そのせいか、ステージ上では絶妙の掛け合いをしていた2人ですが、楽屋裏では仕事の役割分担を巡って時々喧嘩するなど、兄弟仲はあまり良くなかったとか。

2002年に染太郎さんが亡くなった後、染之助さんはピンで活動を続け、2003年には林家木久蔵(現・木久翁)さんと正月限定でコンビを結成。

翌年には桂米助さんと〝お染ブラザーズ〟を組むなどして芸能活動を続けましたが、2017(平成29)年12月6日・・・肺炎により、83歳でこの世を去りました。

きっと今頃は天国で兄弟そろって正月の出し物を稽古しているのかも・・・。

最近は殆ど地上波テレビを観ない私ですが、今度の正月はこの動画を観て昭和時代の思い出に浸りたいと思います。



 


                人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック