FC2ブログ
高 速

先日、久しぶりにメンバーコース以外でゴルフをしました。

プレーしたのは、過去に男子プロのツアー選手権も開催された難関コース。

下の写真は浮島グリーンで有名なパー4・・・ゴルフ・ファンの方なら、このホールだけでどこのコースかお分かりになるかも。


    


さて、いつも通りスタート前にパッティング練習したところ、グリーンが異様に早かったんです。

(いくら何でも、こんなに早くすることないのに・・・。)


そう思ってキャディーさんに聞いてみると、

「実は昨日まで4日間、男子プロのQTをやってたもんですから。」

QTとは〝
ジャパンゴルフツアークォリファイングトーナメント〟の略。

これはトーナメント出場を目指すプロが参戦し、翌年度のツアートーナメントなどの出場資格(ツアーメンバー資格)ランキング獲得を目指す予選会。


小平智・星野英正・谷原秀人・近藤智弘・池田勇太各選手などがこのファイナルQTを経て現在ツアーで活躍していますから、若手の登竜門であると同時にシード復活を目指すベテランが鎬を削る戦いの場といえましょう。

ですから、グリーンは完全なるプロ仕様。

ボールの転がりを示すスティンブ・メーターの数値でも、11フィート以上はあったはず。

通常営業のコースは8~9フィート、私のメンバーコースは9.0~9.2と速い方ですが、それでも全く感覚が違いました。。

ちなみに昨日から開催されている
三井住友VISA太平洋マスターズトーナメントの会場で、日本屈指の高速グリーンとして有名な太平洋クラブ御殿場コースは、12.5~13.5フィート。

また毎年マスターズが開催され、〝ガラスの上でパットしているようだ〟と恐れられているオーガスタ・ナショナルの超高速グリーンは14~15フィート・・・もう素人の手には負えません。

※スティンプメーターやグリーンの速さに関しては、こちらをご覧いただければお分かりいただけるかと・・。(↓)


    https://www.mamejiten.com/golf/diary/S/019.htm


しかもその高速グリーンにはローラーもかけられていて、カッチカチ。

ただでさえ大きくてアンジュレーションも芝目もキツいグリーンの難度が数段上がっており、アマチュア・ゴルファーには辛い設定になっていました。

上の写真のホールでは、バック・ティー(青)からプレーした私はティーショットをミスしたものの残り200ヤードのセカンドを見事ナイスオン!

しかしボールはグリーン真ん中の斜面に当たって下の段に転げ落ち、約1mの段差を駆け上がる10m以上のパットが残ってしまい・・・予想通り(?)の3パットで、ガックリ・ボギー。

別角度からご覧いただければ、その段差がお分かりいただけるかと。

    


※一緒にラウンドした我が家の女王様は池ポチャ2回&4パットで〝10〟を叩き、撃沈。


私の場合メンバーコースならハーフ12~3のパット数で収まるのに、この日は〝寄らす・入らず〟の連続で17・17の34も叩き、パーすら容易に取れませんでした。


ラウンド途中、キャディーさんに

「このコンクリートみたいな高速グリーンで、QTのトップはどれくらいのスコア出したの?」

と聞いたら、

「え~と、4日間で20アンダーでしたョ。」

ですって。 青ティーより10~20ヤード後ろのチャンピオン・ティーでラウンドしてそんなスコアを出すとは。

でもそのトップ通過の選手でもレギュラー・ツアーのシード権がなかなか取れないんですから、
やっぱりプロのレベルは凄いですワ。


そのプロゴルフの世界でも、本場アメリカで毎年トップ30に入る活躍を続ける松山選手は、まさに異次元のモンスター!?

カネ払って心身共に打ちのめされ、疲弊した1日でした・・・トホホ。


              人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック