FC2ブログ
国 学

今日のタイトル・〝国学〟とは、『古事記』・『日本書紀』・『万葉集』 など日本の古典を研究して古代の思想・文化を明らかにし、そこに生き方の拠り所を求めようとする、〝漢学〟に対して江戸時代に登場した新しい学問のこと。

代表的な学者として多くの方がご存じなのは、おそらく本居宣長でしょう。


 ※本居宣長に関する過去記事は、こちら。(↓)



今日は、この過去記事にも登場する本居宣長の師でもあり、宣長と荷田春満・平田篤胤と共に〝国学の四大人(しうし)〟に名を連ねる、


賀茂 真淵


の命日・没後250周年にあたります。


       


真淵は1697(元禄10)年に、現在の静岡県浜松市で賀茂神社の神職を務める父・岡部政信の三男として生まれました。


※賀茂真淵の賀茂は神社の名から、真淵は出身地名の敷智(ふち)郡から取ったとされます。


10歳の頃から前述の〝四大人〟の一人・荷田春満の弟子で、春満の姪を妻として浜松で私塾を開いていた杉田国頭(くにあきら)の許で手習いを受けます。

26歳の時に結婚するも翌年に妻を亡くした彼は、浜松宿脇本陣・梅谷家の養子となるも、30歳を過ぎた頃に家を捨てて京都に出て、荷田春満に入門し、詠歌・学問に励みました。

その春満が1736年に死去すると、真淵はその翌年に江戸に出て、多くの門人に国学を教えるように。


真淵は『万葉集』などの古典研究を通じて古代日本人の精神を追求すると同時に、和歌の革新に貢献。

人為的な主従関係を重視する朱子学の道徳を否定し、日本古来の作為なき自然の心情こそ人間本来のあるべき姿とする〝古道説〟を確立。


主な著書として、『歌意考』・『万葉考』・『国意考』・『祝詞考』・『にひまなび』・『文意考』・『五意考』・『冠辞考』・『神楽考』 等々、多数を残しています。


       

                   『万葉考』 原本


そして50歳の時に第8代将軍・徳川吉宗の次男・田安宗武の和学御用となった彼は、また多くの優秀な弟子を育成したことでも知られています。

特に〝県門の四天王〟といわれる加藤千陰・村田春海・楫取魚彦・河津美樹、更に特筆すべきは〝県門の三才女〟といわれる油谷倭文子・土岐筑波子・鵜殿余野子ら女性の弟子を育てたことは有名。

またあの平賀源内も弟子のひとりに名を連ねています。

そして1763年、伊勢神宮への旅の途中伊勢松坂の旅籠に宿泊していた真淵を本居宣長が訪れて生涯ただ一度の面談を果たし(松坂の一夜)、即時に宣長が弟子入りして以後文通で師弟関係を続けたことは、宣長の記事でご紹介した通り。

歌人としても約1,000首を残した真淵が71歳でこの世を去ったのは、1769(明和3)年10月30日のことでした。

残念ながら彼の著書は現在ほとんど市場に出回っていませんが、契沖や師・春満が創始した国学を確立し、それを発展させた宣長を育てた彼の名は日本人ならば記憶に留めるべきだと思います。



              人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する